ブーム

マイブームではなく、アシュのなんですがね。

ハリーハリー・ポッターです。

旦那が、「多分好きだと思う」っと試しに1冊を買い与えてみたところ

見事にハマって、ものすごい勢いで読み進み

先日読み終わったそうです。

1冊読み終わると映画を観て...の繰り返し。

どこの家庭でも、子供がブームになるとそれ一色になってしまうということがあるでしょう?

うちが今、まさにその状態であります(笑)

さてさて次は、なんでしょう...

感覚の違い?

育った環境によって考え方や感覚の違いというのがでてきますが

ここの人と私とはその差がかなり大きいような気がします。

たとえば...

椅子うちの玄関のドアーを開けると 、すぐそこにこれらが置いてあるのです。

うちは最上階なのでこの椅子が置いてある階段の上は屋上。

だからまあ、普段人が通る場所ではないんですがね。

でも置いてあるのはこの大きめの椅子4脚とさらに他の椅子4脚が連なっています。

椅子奥の開いているドアーがうちの玄関。

この至近距離ですよ。

さらには...

ソファ ソファに戸棚・マットレス。その奥にはTVまで。

この右に写っているのはエレベーターのドアー。

なのでエレベーターを降りようとすると、目の前にこれらがどど~んと置いてあるわけです。

かれこれ1ヶ月ほど経ったでしょうかね。これらが置かれて。

一体誰の物で、なんのために置いてあるのかなんて全く不明。

人の玄関の前にこのように放置する際に、一言声をかけるなんてことはまずありえませんから。

今はラマダン中なので、来客が多いために部屋のスペースをとっている、とか

夏休みで家を空けている間に、部屋の改造を行っている...などと

まあ、考えられることはいくらでもありますが。

しかしね。問題はそこじゃなくて、

要するに、

自分(のところ)さえよけりゃあいい

という考え方に問題があると思うんですよね、私は!

こんなのは単なる1例であって、こういうことは掃いて捨てるほど日常的にあります。

アパートの管理人に聞けば、誰の物かはすぐにわかると思いますが

それでこちらが文句を言ったところで逆に怒鳴られて終わり...でしょう(汗)

自分の非はそうカンタンには認めませんし、

逆切れして怒鳴り散らすというのが普通...

勿論、全ての人がそうだと言っているわけではありませんよ。

ただ、自分と比較してこういう人が圧倒的に多いような気がしてます。

何事も、良いところがあって悪いところもあるので

今度は「良いところ」を見つけたらご報告しますね。

しばしお待ちを...  ...  ...

Bakewell Tart

先日は、旦那の誕生日だったので

彼の好きなBakewell Tartを焼きました。

私がタルトの上にハッピーバースデーの旗を作るから、バースデーカードを作ってね

っとアシュに頼んだら、どうやら私が使っている爪楊枝が気になって仕方がない様子。

なので予定変更して、アシュにも飾り物を作ってもらいました。

タルト 統一性がなく、なんだかすごいことになってしまったけど

お父さんは喜んでいたので良しとします(笑)

でもこれ、ちょっといいアイデアじゃないですか??

チョコで名前書いたりするのよりカンタンだし、何より失敗がない!

次回からこれでいきます。

タルトちなみにタルトはこんな感じ。

タルト生地の上にアーモンドクリームをのっけて焼いただけなんですね。

中に赤っぽく見えるのはラズベリージャムです。

ついこないだまで、ドーナッツに凝ってまして(笑)

割と頻繁に作ってました。

ドーナッツ 奥は砂糖のみ、手前はシナモンシュガー。

素朴に美味しいです。

実は先日まで、「この」私がジムなんぞに通っておりました。

個人トレーナー付きのジム・12回分という券を無料でいただきまして...

絶対に途中で挫折するなっ、と思ってましたがなんのなんの。

かな~り楽しんで無事に終了してしまったのです~~~。

ご覧のように、食生活は全く変わらずこの有様...にもかかわらず

12回(約1ヶ月)でマイナス2kgという結果がでたんですよ。

これもそれも、私の愛するトレーナのおかげ!!(女の子だよ~ん)

彼女との約束を守って、これからも自宅でボチボチと続けていきます。

実際、痩せる云々ではなく、やっぱり何かをしないといかんのですわね。

歳も歳だし・・・

っというわけで、

ますます元気になりました~~~~(爆)

記憶を頼りに...

今日、突然。

本当に突然、タイでよく食べていたベトナム料理を思い出してしまったのだ。

そしたらもう食べたくてたまらなくなってしまったので、作りました。

ベトナム少し太めのビーフンに、いろんなハーブ(今日はミント・コリアンダー・セロリの葉)、

きゅうりやにんじんなどと一緒に、ベトナム風春巻き(肉巻き)をのっけて

ソースをかけて食べるのです。

これ、タイのとあるショッピングモール内のフードコートにあったもので

名前すら知らないし、だいいち最後に食べたのなんて3年以上前。

ネットで探しようもなく、ただただ記憶を頼りに作ってみました。

ソース これが食べる時にかけるソース。

オレンジ色のはスィート チリソース。ニンジン入り。

緑のは、シーフード ソースと私は呼んでいて、魚介類の料理に必ず付いてくるソース。

コリアンダー・にんにく・唐辛子がた~っぷり入った、キーン!とかっらいソースです。

実はこの2種、タイのソースなんですけどね。

ま、こんな感じのソースだったので良しとしましょう(笑)

アシュには醤油とダシの純和風ソースを用意(彼好み)

春巻き 春巻きは、最初の記憶ではミートボールだったんですよ(苦笑)

で、よくよく考えてみたら春巻きだった、と。

絶対に豚肉だったはずなんだけど、ないので牛肉で。

ほとんど覚えてなかったわりには、それなりに再現できたような気がします。

ってか、覚えてないから再現できたかもわからないのが本当(汗)

でも美味しかったからいいのだ。

特にこの肉巻きがよかった!

キリっと辛くてハーブと野菜をバリバリ。

夏の料理!です。

また作ろ。

食後、丁度日没後で一般の皆さんは食事の時間。

この静か~なひと時を無駄にするな!とばかりに

散歩へ出かけました。

本当に静か~。車もほとんど走ってない~~~。

ちと不気味なくらいですよ。

モロッコでもラマダンのこの時間によく散歩に出たのですが

静かな路地にカチャカチャと食器の音(食べている音)のみが聞こえてきたのを思い出します(笑)

半分終わりましたね。

あと少しです。

新しい味だっ

友達が、ガリガリ君の梨味に凝っていると言っていたが

ついに私も見つけたぞっ。新しい味!

アイスなんとこれ、「タマリンド味」なのだ!

タマリンドってご存知でしょうか?

ソラマメをどデカくしたような形で、色は茶。

中にはねっとりとしたこげ茶色の実が入っていて大きめの種もボコボコと入っています。

種類があるようで、甘いものはそのまま皮をバリバリ割って中のこげ茶の部分を食べます。

味はねえ、甘酸っぱくてちょっと杏にも似た味かなあ~。

タイやその近辺では、タマリンドをペースト状にしてソースやスープの味付けに使います。

実はこのアイスね、アシュがチョコ味だと思って買ったのよ。

で、ひと舐めしてビックリ。

甘~いチョコだと思ってたら酸っぱいんだもね。そりゃビックリだわ(笑)

ショックだったらしく「もう、いらない」と私にくれたのですが

私が美味しい!と言って食べていたら気を取り直して一口。

「美味しい~」

アシュはもともとタマリンドが好きなので、そりゃいけるわな。

今日またドサッとまとめ買いしてきちゃいました~(笑)

ところで、私の18番料理。

エッグサラダうちではこれ「スパイシー エッグ サラダ」と呼んでいます。

タイのサムイ島の、おばちゃんが一人で切り盛りしている食堂で出していたもの。

行く度にオーダーして、その作り方を隣に立って盗んだのだ(笑)

なんてことない、言ってみれば目玉焼きに辛いソースをかけて食べるというものなんだけど

このソースにタマリンドが使われているんですね~。

うちでは本当にこれが好きで、これとご飯があればそれだけで十分♪

暑い毎日。

かっらいものを食べて 暑さを吹き飛ばしましょう!

食後にはこのアイスでバッチリだわさ(笑)

なんだべ?

今朝うちの前の空き地を見たらこんなものが出来上がってました。

テント

 昨晩にはなかったので、早朝に建てたのでしょうか。

しばらくすると、トラックがやって来て。

テント

 テント

こんな風にできあがりました。

さて、一体なんでしょう???

テント

夕方になると、人がぼちぼちと集まってきて

写真は日没直後の風景(ぼけててすみません)

ただ今ラマダン中なので、イスラムの方々は日没直後に食事が始まります。

ここに用意された食事を、皆わっせわっせと食べておりました。

ただ今夜中の10時半。

人はかなり集まって、皆椅子に座って静かにしております。

おそらくこれはお葬式とかお通夜のようなものと思われます。

お気づきでしょうか。女性が一人もいません。

そういえば、冬にも1度このようなテントが建ったことがありました。

でも寒かったのでテントもしっかりと閉められていて中が見えなかったのです。

2枚目の写真・右側に写っているドラム缶のようなもの。

私はどデカイBBQかと思ってましたが、

実はこの上の部分に水が溜めてあって食事前後の手洗い場だったのです。

なあ~るほどね~。

・・・っとまあ、大して面白い話でもなく、失礼しました。