Granola

以前、友達から借りた料理の本のなかにグラノーラの作り方が載っていました。

それ以来、かなり気に入って割りと頻繁に作っていたのですが、

いろいろと試してみた結果、

今のところこれがいいぞ!というのが見つかりました。

グラノーラ

作り方はいたって簡単。(30cm角のトレイで薄めのものが焼けます)

オートミール 2カップ(1カップは250cc)、 小麦胚芽 1/2カップ、

ココナッツ(おろして乾燥になっているもの) 1カップ、 アーモンド(スライス) 適量

を混ぜ、オーブンまたはフライパンで乾煎りします。(ほんのり色が付く程度)

その間、鍋に

無塩バター 大さじ3、 ブラウンシュガー 1/4カップ、 はちみつ 2/3カップ

塩 ひとつまみ、 バニラエッセンス 少々

を入れ火にかけます。砂糖がしっかり溶けるように。

乾煎りできたものに、上記のはちみつミックスをまんべんなく混ぜます。

そこへ、アプリコット・レーズン・クランベリー・デーツなどのドライフルーツを混ぜ込み

オーブントレイ(オーブンペーパーを敷いておく)に入れ、指やヘラなどで厚みが均一になるように

しっかりとおさえるようにしてのばします。

180度のオーブンで20~30分ほど焼きます。

グラノーラ

焼きあがったら十分に冷まし、好きな大きさにカットして密閉容器または冷凍庫で保存。

私は今日、スライスではなく粒のアーモンドがあったので

それを個別に炒って半分に切ってから加えました。

小麦胚芽がなければ、市販のミューズリーなどでもOK。

ライスクリスピーやコーンフレークだっていいと思うわ。

ちょっと油断をしていたら焼きすぎでしまった!

冷めてからも気持ちしっとりしていた方が美味しいので

焼き始めから15分くらいで1度様子をみるといいと思います。

ところで

このグラノーラって一体何さ?と思い(笑)調べてみたら

オートミール・はちみつ・ナッツ類を主材料とした朝食またはスナック用の食べ物、らしいです。

この名前の響きからしててっきりスペイン辺りが発祥の地かと思いきや

アメリカの人が考え付いたらしいです。なんだかつまらない結果。(なんでやねん)

いずれにせよ、美味しいですからね。

フレッシュフルーツやヨーグルトと一緒に食べたら朝食になるし、

お出かけ時の持参スナックもナイス。

お試しあれ~!

広告

Granola」への2件のフィードバック

  1. グラノーラって春の食べ物なのでしょうか・・? 爆
    今まさに、色々な方がブログに投稿してらっしゃいます。

    しかし何でも手作りしてみるインシャッラさん、尊敬しております。
    私は基本、買えないモノ、買えても美味しくないモノしか作らない 笑

    グラノーラの焼けるいい匂いが家中漂っているのでしょうね。。

    • え、そうなの?グラノーラって、春っぽいのかな????

      グラノーラを作るのに、砂糖やバター・はちみつが糊の役目をするのでかなり入れるのですが、今回のレシピは砂糖・バターが控えめではちみつを多目に使うというのが気に入っているのです。
      焼きあがった時に(むせるほどの)はちみつの香りがしてね(笑)
      窓を開けていたら、蜂がすごい勢いで入ってきた!
      ・・・やっぱり、春なのね~~~(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中