暑いので、メキシカン

何故暑いとメキシカンなのか?

理由は2つ。

1つは辛いものを食べてとことん汗を出そう!という発想。

も1つは、暑いから火をなるったけ使わずに何ができるか?と思っていたら

買い置きしてあったトルテイーヤがあったから(汗)

 

 

メキシカン

 メキシカンとか言いながらも、所詮はやる気がないもんで

作ったのはこの牛ひき肉のみ。

一緒にトルテイーヤに巻くものは、レタス・コリアンダー・赤たまねぎにヨーグルトソース。

メキシカン

作り方を簡単に・・・

鍋ににんにく・しょうがのみじん切りを油で炒め、

そこへにんじんのみじん切り・牛ひき肉を入れ よ~く炒める。

ひき肉が焦げ付くくらいまで炒めるのがポイント!

そこへ塩・こしょう・クミンパウダー・コリアンダーパウダー・パプリカパウダーをいれ混ぜ

トマトのざく切りと水少々をいれ蓋をして トマトがぐしゃっとするまで煮込む。

最後にコリアンダーの葉のざく切りを加えて出来上がり。

辛いのがOKだったらチリを一緒に入れてね。

うちはアシュも食べるので、チリは別にしました。

ヨーグルトソースですが、これはうちの万能ソースなのです。(全くメキシカンじゃないけど・汗)

BBQでハンバーガーを焼いたときなんか、

市販のBBQソースもいいけど 、これもなかなかいいですよ。

作り方はシンプル。

プレーンヨーグルトに、塩・クミンパウダー・レモン汁・マヨネーズ・にんにくの潰したものを加え

良く混ぜて冷蔵庫で30分ほど置いておくと味がなじみます。

ヨーグルト大さじ山盛り5に対してマヨネーズ小さじ1・レモン汁大1くらいの割合。

桃

食後は、今出回っている桃。

これはローカルのもので、丸くなく平べったいのが特徴。

少し硬めでしたが味はいい!

りんごのように、このままがぶりついていただきます(笑)

異常な暑さがまだ明日までは続くようです。

それ以降は落ち着いてくる様子なので、そしたら引越しの片付けでも始めようかな。

へへへ。まだなぁ~んにも手を付けてないんだもんね。

本当は、どこから手をつけたらいいのかわからんのだわね(汗)

物が捨てられないで、使わないくせにいつまでも持ち歩いている私・・・

今回は心を鬼にして検討してみるかなっ。

いやはや、暑い

ただ今、夜の1時半。

なのに気温は28度。

天気予報が今日から4日間は暑いといっているんだけど、全くそのとおりだわ。

今日の昼間は40度。体感温度はもっと高い。

湿度が低いので それほど不快ではないけれど、

風はドライヤーのような熱風。

明日はもっと上がるらしい。

家になんていられないので、どっかのモールに逃げ込もうっと。

暑いと、どうしても冷たいものが欲しくなるよね。

今旬のアプリコットを買ったら、くしゃっとしてて、味はいいのに食感が悪い。

ので、シャーベットにしてみたよ。

アプリコットシャーベット

アプリコットは種を取って皮つきのままブレンダーでピューレ状に。

水とグラニュー糖でシロップを作り、レモン汁とともに網でこしたアプリコットと混ぜる。

シロップがまだ暖かいうちにゼラチン(水でふやかしておく)を溶かし一緒に混ぜる。

タッパーやバットに入れ冷凍庫へ。

時々出してフォークでガリガリと混ぜる。

レモン汁をちょっと入れすぎちゃって、シャープな味になってしまった。

でも、さっぱりいしていて美味しいよ。

冬の間に編みためたスカーフやカーデイガンたち。

常夏のスリランカではまず必要ないよなあ・・・

なんてったってがさばってしょうがないのよ。

こんなとき、圧縮袋があったら・・・・・

日本の母に送ってもらおうかとも思ったけど、そんな時間もないし。

今日、別のものを探しに買い物に行ったら、なんとあるじゃん!圧縮袋!!

しかも3サイズも揃ってるし。

まさか、この国にあったとは!

ヨルダンって、割となんでも手に入るんだけど

こういったいわゆる「便利グッズ」ってあまり見かけないのよね。

便利な物を使って、生活を楽にしよう・・・という考えが少ないとでもいうか・・・

これで引越し準備の重い腰が少しだけ上がりました(笑)

日本は梅雨入りしましたか。

なんとなく嫌な時期ですが、少しでも快適に過ごせますように!

Go! アジアGo!

今年の夏でまる2年になるヨルダン。

そうです、契約が切れる年なのです。

今回も延長滞在は希望せず、移動と決めていました。

そして、来月末にスリランカへ行くことになりました。

スリランカと聞いて、何が思い浮かびますか?

私はカレーとアーユルベーダくらいしか思いつかなかったんですが

調べていくと、なんだかとても興味深いところのようです。

行く前にテンションを上げすぎてしまうと後は下り坂になってしまうので危険なのですが

もともと知らなかった分、いろんなことがかなり新鮮に感じられます。

(ヨルダンとは全く違う環境ということもありますが)

アシュは、蟹が食べられる、とか プールと海に行ける!と喜んでます(笑)

たこ

アシュが生まれたとき、友人が象をデザインした子供用のリュックをプレゼントしてくれたのです。

このタコと同じ会社なのですが、彼らはスリランカから来たのです。

(ぞうさんバッグは、さすがに大きくなって使わなくなったのできれいに洗ってしまい込んでしまった)

その後、その友人がぞうさんの仲間たちを送ってくれたのです。

仲間

「hey、  国へ帰るぜ!」    「イェィ!イェィ!イェィ!」

こんなことやってないで、片付けでもしろっ   ですよね(汗)

はい、やります・・・・