雨季、らしい

今は雨季らしいです。

雨季は年に2度あるそうで。・・・・って、ほとんど1年中雨季ってことじゃん?

昨日はけっこうまとまった雨が降りました。

今日も・・・そんな感じですねえ。

大雨になると、台所の天井から雨漏りがします。

昨日は、ガレージにある外のライトが急に切れました(雨のせい?)

4つあるトイレのうちの1つ(「私」のトイレと呼んでいます)が壊れました。

うちの床は石のタイルなのですが、

いつもジトっと湿っていて、裸足で歩くと非常に不快です。

 っとまあ、いろいろあって、今日もまた忙しくなりそうです(苦笑)

・・・・・     ・・・・・     ・・・・・     ・・・・・     ・・・・・

なあんて、朝からジメっとしてしまい、ゴメンなさい。

なので、爽やかな話題を(笑)

ミーキリ「ミーキリ」と呼ぶそうです。

水牛の乳から作られたヨーグルト。

普通のヨーグルトよりも酸味が強くクリーミーな感じがします。

ミーキリスーパーではこんなパックで売ってたり

ミーキリ

本来は、こんな素焼きのポットに入っています(これもスーパーで買ったんだけどね)

そしてこのミーキリには、キトゥルという木の花からとれる蜜をかけて食べるんだそうです。

このキトゥルのシロップ、甘くて少しカラメルのような味。

キトゥル

一番上の写真がその正しい食べ方 + ばなな = 今日の朝食 ・ 笑

素焼き入りの方がきっと本格的なのでしょうけど、酸味が強く水っぽいです。

パックに入っている方がまったりとクリーミーで、私には食べやすい気がします。

ヨーグルトというよりもクリームチーズに近い食感なので

これってもしかしてチーズケーキとかが作れるかも!?

今度やってみよ。

・・・・・     ・・・・・     ・・・・・     ・・・・・

アシュも学校が始まりやれやれ・・っと思っていたら

明日はポヤデーで休みだって!

ポヤデーとは、毎月満月の日がお休みになるのです。

仏教のお祭りで、この日は皆お寺に行くそうです。

肉食・飲酒なども禁止され、スーパーなどでも販売を中止するんですよ。

毎月ありますが、5月の満月が一番盛大なお祭りになるそうです。

明日は旦那も休み。

またこんな雨かな~。

でもお疲れモードなので、久々の家でマッタリというのもいいかもな。

少しだけ、公開!

早いですね。もう8月も終わりですよ。

まだまだバタバタとしていますが、ちょっと余裕もでてきたので(?笑)

我が家の公開です。

我が家

子供たちがそれぞれ独立してしまい、夫婦2人だけでは広すぎるから・・・

という理由で、大きな家を区切って貸し出したという我が家。

このドアーで完全に外とは隔離されています。

我が家

入るとすぐにリビングが。

手前のガレージの部分と、窓が全開になるのでかなりの開放感があります。

我が家

手前から、リビング・ダイニング、そして一番奥に見えるのがキッチン。

実はこのキッチン、いったん外に出ないといけないんですよ。

とはいえ、5歩くらいだし、屋根のどの部分も軒がしっかりと張り出しているので

雨が降っても傘の心配はありません(笑)

3階建てで、2階に2部屋、3階は1部屋だけという造り。

それほど広くはありませんが、上にあがったり下ったりと、いい運動になってます(笑)

キッチンがはなれというのも面白いのですが

もう1つこんな面白いものもあるんです。

我が家

数字は各部屋の番号で、メイドさんの呼び出し鈴?と思われます。

部屋をみても、それらしきスイッチは見当たらないので

大分昔に使っていたものなのでしょう。

・・・って、いまだ使用可だったら冗談じゃないですよね。

呼ばれるのは、この「私」ですからっ!

我が家

大通りから少し入った場所なので、うるさいかな?っと心配しましたが

かなり静かで車の騒音などはほとんど聞こえません。

その代わり、リスややもり、鳥などの野生の声がうるさいくらいに聞こえます。

強い風が吹いてきて突然のスコール。

ああ、南国の島にいるんだなあ・・・・っと実感。

まっ実際は、いっつもジメジメと暑くてちょっと動くだけでも汗だくになるし

蚊との知恵比べに日々忙しく、

優雅にまったりと・・・とはいきませんけどね(汗)

それでも、なんとかスリランカの生活が始まっています。

ちょっと足を延ばして

私達が住んでいるところから少し南へ行ったところに

マウント ラヴィニア という町(村?)があります。

海岸がきれいで「Mount Lavinia Hotel」というホテルがあります。

そこのプールの視察に行くのが目的でした。

近場なのでトゥクトゥク(オート3輪)でもバスでも行けるのですが

今回は海沿いを走っている電車に乗って行くことに。

電車

私達が住んでいる場所から一番近い駅から3つ目・15分ほどの距離。

運賃がいくらだと思います?

切符

右下に書いてありますが、10スリランカ ルピー

これはなんと、日本円で約6円!!

私、これより安い電車って、乗ったことないと思います(汗)

ずっと海沿いを走っていくこの線、

うちの駅を出ると途端に風景が変わるのがわかります。

ぐっと緑が増え、「ああ、これこそがスリランカのイメージだわ!」といった景観。

しばらく行くと、「ん?ここは、ビーチ???」

っと言っても嘘ではないようなところを通りました。

ホントだよ。

すぐ向こうは砂浜で、線路から2~3mほどが波打ち際なんだもの!

あれっていいのだろうか・・・ いいんだよな。

駅

いや~、それにしてもやっぱり江ノ電っぽいよなあ・・・

などと考えていると、マウント ラヴィニア駅に到着。

駅

緑に花、そして白い壁・・・なんとかわいい駅!

駅

ちなみにこちらが出発駅。

ぜんぜん違うでしょう。

ポスト

駅の外には、こんなポストが。いまだ現役!

ホテル

目指すホテルはどこだろうねえ・・・っと歩き始めたらすぐ目の前にあった(爆)

ホテル

ホテルからビーチの眺め。

この時は知らなかったのですが、このビーチはパブリックで

ホテルのプライベートビーチは反対側にあるんだそうです。

パブリックでも十分にキレイですけどね。

そうそう、スリランカってカラスが非常に多いのはお伝えしましたけど

リスも多いんです。

うちの周りにもたっくさんいますよ。

一通りホテル内を回った後は、プールサイドのレストランでお茶をしたのですが

ここにもたくさんのリスが「我が家」のように走り回っておりました(笑)

リス

ほんの少し足を延ばすだけで、こんなにホリデー気分になれる場所があるなんて!

これは非常に嬉しいです。

行きの電車は、来るはずの電車が突然キャンセルになり

たかが乗車15分のところを1時間近く待っていたのですが

帰りは丁度良く来てくれました。

電車

ちなみに電車ですが

乗る際、ドアーが高い位置についてるため、3~4段のステップを登りつつ車内に入るのですが

この階段が狭いうえにとっても急。

登りはまだしも、降りる時にはちょっとビビリます(大汗)

そして、ドアーは常に開いたまま。

車内は暑いから、風が入ってきていいのかな。

でも、これっていいのかな?   ・・・ いいんだよな ・・・・

実は、ここへ行く前に突然の病院体験というのがあったのですよ!

でもこの話は、次回に、ということで。

(焦らすほど大した話じゃあないんですけどね・汗)

新しい習慣

スリランカでの生活の中心となるこの家に来て約1週間が経ちました。

ネットがやっと使えるようになってほっとしているところです。

こちらに着いてわかったのですが

こちらのビザがきちんと取れるまでは、ヨルダンから荷物を出すことができないんだそうです。

(ヨルダン側の言い分)

なぜにそれを前もって言ってくれないのか・・・

だったらもう少し必要なものを持ってきたのに・・・・

ビザが取れるのには、まだ少しかかるし

荷物を送り出しても最低3週間はかかるでしょう・・・

鍋1つ、とか 皿は各自1枚 とかの 必要最低限での生活ですよ!

でもま、それはそれで なんとかなってしまうのよね。

じゃあ、これから来る大量の荷物は一体なんだっ!?ってことになりますが・・・・(笑)

習慣

住む場所が変わる、ということは

普段の生活内での習慣やルールなどの全てが変わるということなんですよね。

例えば、ゴミ。

ヨルダンやモロッコでは

道端に巨大なゴミ箱がいくつもあって

そこへバンバンとん投げ込むのが普通。

なので毎日がゴミの日(笑)

ここへ来て気づいたのは

そのゴミ箱が見当たらない、ということ。

ゴミの出し方がわからないって、かなり不安ですよ。

聞いてみると、

ゴミ収集が毎日やって来るので、ふた付きのゴミ箱に入れて外へ出しておくんだそうです。

ゴミ箱がないのは、大量にいるカラス対策らしいです。

その数、半端じゃあないですから!

たまに、収集車ではなくリヤカーでゴミを集めているおっちゃんがいるんですが

これなんて、ひどいですよ。

カラスが群がってますから。

ちょっと「ぞっ」っとする風景ですよ。

・・・・で、買ってきましたよ、ふた付きゴミ箱。

それを外へ出しておいて、万事OKと思いきや・・・

「ゴミ箱が良すぎる(きれいすぎる、という意味、だと思う)。

これだとすぐに誰かに盗まれてしまうぞ」だって・・・

じゃあ、どうしたらいいのさ?

・・・ね。一事が万事こんな感じなんですよ。

普段のなんてことない買い物にしたって、何をどこで買ったらいいのか(どこで買えるのか)

等々、結構疲れるですから。

ま、そんな感じでスリランカ生活が始まっています。

写真は、その「良すぎるゴミ箱」と

朝の新しい習慣、「ガレージの掃き掃除」の風景・・・・・・・・(爆)

・・・・・    ・・・・・・   ・・・・・

「思っていたよりも暑くない」

なあ~んて書いてましたが、あれはホテルにいたからわからなかっただけで

やはりじっとりと暑いです。

でもあれですね。

毎日洗濯、とか、汗をかいたからシャワーでも・・・なんて、

水の心配をしなくていいというのは、すっごくいいですね!

湿気で洗濯物がちっとも乾かない・・ということはありますが・・・(苦笑)

いろんなことが、変わります。

砂漠から熱帯

砂漠気候から熱帯気候という、全く正反対なところへ来て

変化がないわけがありませんよね。

コロンボは、季節柄なのでしょうか、思ったほど暑くはありません。

しかしながら、湿気はすごいですね~。

なんてったって海に囲まれてますからね。

まず着いた途端、顔用として使っていたアーモンド・オイルが必要なくなりましたね。

以前に書いたでしょうか、

顔や肌には何をとっつけてもビクともしない私ですが

髪の毛だけは非常にデリケートでありまして・・・

まず、水が変わるとすぐに影響を受けるんですよね。

そしてこの湿気。

もともとがまっすぐサラサラ・ストレートではなく、

湿気があるとボワーっと膨らんでしまうんですよ。

今私の髪型は、ヨルダンの美容師の陰謀によって「おかっぱ頭」なんですが

ヨルダンではよかったんですよ。

湿度7%ですから。

いつでもすっきりサラサラ・ストレートだったんです。

でもここへ来て、いや、困ったことになりましたね。

ひっちばれるように、早く伸びてくれるのを待つのみです・・・

・・・とまあ、こんなことはどうでもいいですよね。

ホテル住まいも2週間経ち、

明日、いよいよの入居とあいなりました。

明日から本格的に、スリランカでの生活が始まるってわけですね。

さてさて、どうなりますか・・・

暫くはネットも使えずオリンピックも見れない状況になるでしょう。( え~ん・涙 )

なので暫くは「さよ~なら~~」

出来るだけ素早い対応で(旦那の仕事)一日も早い復活を祈っていてくださいね。

それでは、また荷造りであります~~~~~・・・・・・

プール

ホリデー気分のホテルのプールにて

ブラっと散策

コロンボは海岸に沿った町なのですが

実際に散策ができる海岸線というのはあまりないようです。

その、ブラっと散策ができるところへ行ってみました。

海岸線

海岸線

久々の海を「じっ」っと見つめるアシュ。

海岸線海岸線

アイスクリーム屋さんと噛みタバコ売り(多分)のおっちゃん

海岸線

地元のおっちゃん。粋なスタイル。

海岸線

飲み物やスナックなどを売っている屋台もちらほら・・・

海岸線海岸線

う~ん、どうでしょうかねえ。まだ試してません。

海岸線

こんな物もありましたよ。

パイナップル・グリーンマンゴー・オリーブなどに

乾燥唐辛子と塩、その他にナゾの粉末をかけてあります。

これは試しましたよ。

そのまんまの味です(笑)

タイでも果物に唐辛子をつけて食べますね。

塩ではなく砂糖がつきますが。

・・・            ・・・             ・・・

風が強く波がたかく、「う~ん、潮風はいいねえ・・・」なあんて言ってられないほど

砂が飛んできては顔にあたり、髪の毛はぐっちゃぐちゃになりましたが

やっぱり海っていいですよね。

仲間に会いに

家も決まって気持ちに余裕が出てきたら、思い出しましたよ。

アシュのカラフルなスリランカ出身の動物たちに会いに行こう!っと。

お店の名は「Barefoot ・ ベアフット」といいます。

ベアフット

先染め手織り綿を使って全てが手作りなんだそうです。

ここは、なんといっても色!

自社でこだわって染めているだけあって、何をとっても色使いが素敵!

ベアフット

ベアフット

カラフルな生地を使って製品を作っているだけではなく

この生地のメーター買いもできるのです。

ベアフット

お店の奥は、カフェとギャラリーになっていました。

ベアフット

ここで一服。

先日行ったギャラリーカフェよりも、気取ってなくて好きだわ。

ベアフット

店内をキョロキョロしながら歩いていたら、偶然にもうちの大家さんに会いました。

なんと彼、私達が借りる家のベッドルームのカーテンをオーダーに来たのだそうです。

「ちょうどよかった!好きな色を選んでくれ」だって!!

はいはい、喜んで~~!!

この大家さんね、こう言ってはなんですが、わりとお歳がいってるんですよ。

若いときからいろいろな国へ行って、いろんな物をみてきているので

とっても目が肥えているのです。

そして、とっても趣味がいいのです。(契約のときに、彼の家に行った時にそう思いました)

所詮貸家で人が使う物だから・・・などといわずに、きちんとした物を揃えてくれているんですね。

ベアフット

そしてここのお店、

実は家から徒歩圏内。かなり近いみたいなのです。

・・・ヤバイです・・・

かなり、ヤバイですよ!(嬉)

あ、アシュは今日、ハリネズミの新しい仲間を買ってもらってました(笑)