The 蚊帳 new style

ここスリランカには、言うまでもなく朝から晩まで絶えず蚊がおります。

アシュの部屋は、以前住んでいた人がつけたという網戸のような網が窓に貼り付けてありますが

それでも蚊の攻撃は絶えません。

困るのは夜ですよねえ。

あまりにひどいと寝ていられないですからね。

アシュもよく私達の部屋に非難してくるんです。

そこで 「蚊帳」 を取り付ければいいと簡単に考えたのですが

これがどうも、どうやってどんな物を付けたらいいものか・・・ ちょっと悩んでしまっていたのです。

部屋自体が大きくなく、ベッドの真上にファンがある、とった状態なのです。

少しずらして?とか 壁側から? などと考えてみたのですが、どうもいまいち。

前の住人たちは蚊帳を使っていなかったのかなあ・・・

うちの大家さんって、わりと細かいことにうるさそうなので

いちいち許可をもらったり指示されたりしそうで なんだか面倒~。

そんなんで、ずっと保留になっていたんですよね。

・・・

先日ココナツ削り器を買いに行った時に、蚊帳売り場の前を通りかかると

以前からちょこっと気になっていた

「ドーム型の蚊帳」がどどど~んと各ベッド・サイズが揃って並んでいるではないですか。

写真ではとっても良さげに見えるのですが、実際に使ったらどんなもんでしょ~ねえ・・・

っといった感じで

おまけにお値段も安くはないし、いつも横目で見てスルーしていたんですが、ね。

この日は、ちょっと止まって、手にとってしげしげと説明書なんぞも読んだりしてみて・・

これからも蚊と戦わなければいけないかと思うとちょっと可哀相だしな・・・

っと イチカバチカで買ってみることにしたのです~!

DSCN4118「 The 蚊帳 」  であります~。

(も少しキレイな状態で写真に撮ればよかったですね・汗)

居ながらにしてキャンプの気分♪ (笑)

出たり入ったりが面倒な気がするのですが、アシュは気に入っているようです。

だいいち、子供にウケそうなデザインだよね(笑)

しかもコレ、たたむと直径50cmくらいの丸い袋に収まるようにできているんですよ。

ホントにキャンプへ持っていけます! (ちゃんとたためたら、の話ですが・・・)

・・・   ・・・   ・・・

ま、おかげで 寝る前の虫除けクリームも必要なくなったし

安心して眠れるようになったしで よかったですよ。

4・5月にむけて、じわりじわりと暑くなっているコロンボ。

夜も寝苦しい日が増えそうです~(涙)

広告

The 蚊帳 new style」への3件のフィードバック

  1. 日本も着実に夏にむかっている~ (笑) 

    去年はウィリアムは耳をかまれ ダンボになったよぉ 母 大笑いだったけど・・・
    痛かったみたい(^。^:

    一年 蚊がいると 蚊帳がほしくなるねぇ  

    • 環境の変化ってのも、徐々に慣れていってそれなりに過ごせるようになるんだけど
      この蚊だけは無理だね~。

      タイにいた時に、ちいさな茶色の蟻にどうやらアレルギーを持っていたらしく
      刺されるとものすごく腫れてもの凄くかゆくて1週間くらい最悪になる、というのがあってそれこそ恐れていたのだ。そういうのは今のことろいないのが幸いですが・・・

      蚊もいろいろと種類がいて、向こうから突進してくるのが見えるほど大きなものにアシュリは「ヘリコプター」と命名してました(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中