Hot Cross Buns

良いお天気だな~・・っと思っていると 突然バケツをひっくり返したような雨が降り出したり

夜には突然の強風・稲光・雷雨・・・・ などということを繰り返している

不安定な最近のコロンボ。

太陽が隠れてしまうと 途端に涼しくなるんですよね。

夜なんて、タイルの床が冷たく感じるほどよ。

そんなお天気のせいか、

Hot Cross Buns (ホット・クロス・バン) というパンが食べたくなったので作りました。

(このパンは、寒くなると食べたくなる傾向があるので・笑)

DSCN5556 Wikipedia によりますと

Hot cross bunとは、レーズンなどが入っているスパイスの効いた甘いパンのことで

イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカそしてカナダでは

伝統的にGood Friday ( 聖金曜日・復活祭前の金曜日 )に食べられていたそうです。

パンの上にクロス ( 十字架 )をつけているのが特徴。

この場合の「スパイス」とは、シナモンやオールスパイスなどを指します。

作り方は、それこそいろいろとあるのですが

どれを試してもなんだかイマイチ・・・にしか焼けなかったのですが

今回とっても美味しく焼けたのでご紹介します。

パン生地は、たまご・バター・牛乳・砂糖が入ったリッチな生地で

そこへレーズンやオレンジの皮とスパイスで香り付けをするのですが

今回見つけたレシピには、生のリンゴを入れるとあります。

では、作り方を簡単に・・・

粉 (普通の小麦粉でいいです。パン用とかではなく) 500g

砂糖 75g

ドライイースト 6g

塩 ひとつまみ

シナモン パウダー 大匙1

ナツメグ 少々

オールスパイス 小さじ1 (うちにはなかったので、五香粉を使用)

以上を大きめのボールに入れてよく混ぜ合わせます。

ボールの真ん中に粉をよけてくぼみを作り、そこへ

牛乳 300cc+バター 50g(あらかじめ一緒にしてレンジで温め、バターを溶かしておく)

たまご 1個

をボールのくぼみへ入れ、木のスプーン等でよく混ぜ合わせませす。

ひとまとまりになってきたら、今度は手で全体がなめらかになるまで捏ねます。

(3~5分程度。真剣にならなくていいです)

ボールに戻し、ラップ等をして暖かい場所で約1時間醗酵。

倍の大きさに膨らんだらラップをはずし、

リンゴ (皮を剥いて小さめのさいころ状に切る)

レーズン 50g (好みでもっと入れても)

シナモンパウダー 小さじ1

を混ぜたものを生地に加え、平均的になるように混ぜ合わせます。

DSCN5569よく混ざった生地を12~16等分にし、丸めてオーブントレイに並べていきます。

ビニール袋等で生地が乾かないように覆い、第2醗酵(30~45分程度)

DSCN5541これまた倍の大きさに醗酵したら

最後に クロス を入れます。

以前はパイ生地のようなものでクロスを入れていたようですが

最近では、小麦粉と水で作ったペーストを使うことが多いようです。

私は、ビニール袋に大匙4~5杯程度の粉を入れ、

そこへ水を少しずつ加えて揉んでいき、いい具合の固さになったら

ビニールの底の角をちょこっと切り、搾り出していきました。

ま、これ、別に付けなくてもいいんですけどね・汗

DSCN5548後は、200度に余熱しておいたオーブンで15分ほど焼きます。

焼いている間に、

砂糖 大匙4 に同量の水を加え少し煮詰めたシロップを作っておきます。

パンが焼きあがったら、オーブンから取り出してすぐに

このシロップを刷毛等で表面に塗っていきます。

これでツヤと風味が増します。

あとはラックなどに移し冷まします。

スコーンのようにパンを横半分にカットして、それぞれにバターを付けて食べると美味しいです。

冷凍保存ができるので

その場合には、凍ったままをレンジで30秒ほどチンすると

焼きたてと同じように美味しくいただけますよん。

材料の粉ですが

普通の小麦粉と書いたのは、

私が強力粉が手に入らないため普通の粉で作ったのですが

これがかえって柔らかくて食べやすい出来上がりになったと思ったからです。

いままで何度か作ってみて、イマイチと思っていたのは

強力粉を使っていたために 「いかにも、パン」 といった出来上がりで

そのためにあまり美味しく感じなかったような気がしています。

普通の粉で作ると、お菓子パンのようになっていいような気がします。

あと、生のリンゴを入れるというのは初めて聞きました。

でもこれがパンのボソボソ感を消していて

バターを少し付けただけでも美味しくいただけるような気がしますよ。

日本はこれから寒くなっていきますね。

こんな甘いパンと暖かい飲み物で、ほっくりするのもいいですよねぇ。

是非、どうぞ。

広告

Hot Cross Buns」への4件のフィードバック

  1. インシャ・ッラーさんたら、手つくりパンについての引き出しを 沢山を持ち合わせてるだけでなく
    一つ一つの引き出しの中に、また沢山のアイディアが詰まっていて・・・本当に脱帽です。。

    こちらはまだ寒さを感じるほどではありませんが
    大人のおやつ用にいいですね。
    上手く出来るか不安もありますが、是非作ってみます!!

    • そちらだったら、ドライフルーツやナッツ類がいくらでも手に入るから、是非具沢山で作ってみてください。
      ナッツだったら、くるみとかが美味しそうね。ドライのアプリコットを刻んで入れてもよさそうですね~。
      スリランカでは、手軽に手が出せるのがレーズンくらいなのよ~(涙)
      そちらではどこでも買えた、小袋入りのアーモンドが恋しい、恋しい~。アレ、激ウマだよね~~~。

  2. ドライフルーツで思い出した事が、、次回のブログネタにしますね 笑
    アーモンドは食べだすと止まらなくなりますよね
    そしてこの干しぶどうは本当に美味しい!!
    今回日本へのお土産にドライフルーツを大量に買って帰りました。
    そちらは湿気が多いからドライにするのが困難なのでしょうかね。。
    チーズも輸入物という話でしたし、意外な物が無かったりするのですね~

    • そうなのよぉ。乳製品に乏しいというのは、ちょっと不便なのよね。牛乳だって、フレッシュな物jは手に入らなくて(手に入る、という噂もあるけど・・)売っているのはロングライフのものか粉ミルク、スーパーの冷蔵庫に入っているのは粉ミルクを溶いたもの(ボトルに使う前にはよく振るように、と書いてある・苦)なんだよ~。そちらでは、バターなんかも美味しいものが手に入ったよねぇ。まあ国によっていろいろだけど、ここが一番物がない、という感じがしてます・・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中