Rösti

うちの旦那はじゃがいも命のイギリス人なので、

じゃがいも料理は 朝 ・ 昼 ・ 晩 といつでもOKなのですが

特にお気に入りの朝食メニューが Rösti です。

これ、日本だとハッシュド ・ ポテト といいますかね。

DSCN5446以前、友達に借りた料理本に載っていて

以後、何度作ったかわからないほどのお気に入りです。

作り方

じゃがいもの皮をむきます。

そして、水にはつけません!  これがポイントです。

料理本によりますと、この後じゃがいもを千切りにする、とありましたが

私はもっと簡単に、チーズおろし器を使って一気に千切っていきます。

DSCN5450コレで一気に ガリガリと。

ここでも水にさらしてはダメですよ。

話はそれますが、この方法でにんじんを千切るのも早くて便利です。

サラダに入れるにんじんだと、切り口がざらざらしているので

ドレッシングなどがからみやすくもなって一石二鳥。

DSCN5573フライパンを熱し、バターを溶かし油も加えます。

そこへおろしたじゃがいもを入れ、薄くのばすようにしつつフライパンに押し付けていきます。

塩 ・ コショウをして両面をこんがりと焼きます。

生のじゃがいもですが、

薄くのばして焼くので、それほど時間はかかりませんよ。

以上!

水につけないのは、でんぷん質を残すことで糊の役目をして

千切りのじゃがいもをひとまとめすることができるのです。

Rösti  これはうちの旦那がそう呼んでいるのですが

調べてみたらスイスでこう呼んでいるのですね。

なぜうちの旦那がそう呼んでいるのわかりませんが ・・・

ちなみに英語ではハッシュド ・ ポテトとは言わず

ハッシュ ・ ブラウン (Hash Brown)というようです。

思った以上に美味しい料理法ですよ。

作ってみてね。

広告

Rösti」への4件のフィードバック

  1. ウチの娘っ子もイモ娘
    毎週バタタは3kgほど買い置きしておりますが 週の後半には在庫薄、、、
    そんなバタタ料理の中でも 一番美味しい食べ方かもしれませんね
    娘っ子はそこに細切りしたビビのハムを入れたのが好物
    しかし、お写真のソレの焼き加減が素晴らしい!!
    ホテルの朝食か、、美味しそ!!

    • その料理本って zwina40mraさんからお借りしていたんですよねぇ。
      コピー屋が近所になかったので、私のレシピノートに気に入ったものを手書きしたんですよね。懐かしい(笑)
      写真は実物よりも良く見えますからねえ。
      今回は上手く焼けたので写真に撮ってみましたが、いつもこうではありませぬ~~~(笑)

  2. イアンちゃんの使い残りのコリアンダーがあったので(^^♪ 
    昼ご飯に たまごのカイジャオを作ろうと思ったら・・・ごはんがなかった(-_-) 
    あきらめきれずに・・・・ただいま 御飯炊き中です(・へ・)

    Rosti !!というのかぁ
     私は これに溶き卵を流してオムレツにするタイプを友達に教わった事がある
    久しぶりにつくろうかな♪  お腹が減った~

    • スパニッシュオムレツって感じになるのかな?あれも、美味しいよね~。
      以前、スペイン人の奥さんが作ってくれたことがあったけど、「私のは特別に美味しい」と言ってたな(笑) あれはきっと各家庭それぞれにこだわりがあるんだろうなぁ。で、確かに美味しかったよ(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中