Apple pie and blackbird. 

アップルパイを久々に焼きましたよ。

イギリスではデザートに食事にとよくパイを作ります。パイを焼くときって、パイ生地に切り込みを入れますよね。中の蒸気を出すだめに。その蒸気を出すために、こんな物があるんですよ〜。

Pie whistle, Pie funnel, Pie chimney等と呼ばれています。さすがに日本名ではないでしょうねぇ。これは陶器で出来ていて中が空洞になっており、下から上へ蒸気を通す用に出来ています。そしてこの鳥!ブラックバードなのですが、どういう理由か、パイにはこのブラックバードがお対らしく、子供向けの歌まであるんですよ。なのでこれのことをPie birdとも呼ぶそうです。

昔はよく使われていたようです。今ではあまり見かけなくなってしまったかな?ちなみに私は、大英博物館のお土産屋さんで見つけて買いました〜。笑

カワイイでしょ?

広告

Apple pie and blackbird. 」への6件のフィードバック

  1. しばらくネットから遠ざかっていたうちに(ポンコツPCも限界か、、)
    随分と精力的に投稿されてますね~ 
    このパイに挿す道具、初めて聞きましたわ
    この子がいるだけで、焼き上がりが一層楽しくなりますね~

    砂嵐、本当ににアイツだけは懲り懲りですな。。
    経済活動にも影響を与えてますよね

    いつもこちらのブログにお邪魔するとお腹がすくのですよ~
    美味しそうなパイの写真を拝みながら
    ムスンムンでも食べるとするか!!!  笑

    • ね~、この子可愛いでしょう?笑 サウジは本格的な暑さになってきましたよ。そしてもうすぐラマダン始まりますね。私が人生初のラマダンを体験した13年前は確か10月でした。月日が経つのを感じますね〜。しみじみ…

  2. パイ生地の焼ける美味しい匂いがここまで届きました~ アップルパイ大好物!! 熱々に冷たいアイスクリーム、たまりませんッ♪  知りませんでしたよ~ 「蒸気」を逃がす道具って くちばしを開けている所がたまんなく可愛い。 いろんな種類あるの? コレクションしている人いるでしょうね?

    • そうっ、くちばしが可愛いのです!笑 おそらく色々な形があると思いますよ。私は知らずに買ったのですが、イギリスでは昔からパイといったらこのブラックバードらしく、子供向けの歌まであります。ちなみに私は最初この鳥をアシカだと思っていて、ダニエルとアシュリはペンギンだと思ってたんです。何気にその話になったときに調べてみたらブラックバードと判明し、その時初めてその歌の事を思い出したダニエルは一人大きく納得してました…汗

  3. もう一つ質問ですが・・・・カットしたリンゴをバターで炒めシンナリしたのをパイ生地に包むのは英国では焼かないのかな・・・・・? これだと「ブラック・バード」 は必要ないしね・・・ 

    • アップルパイに関して言うと、イギリスではアップル・クランブルと言うパイ生地ではなく粉、砂糖、バターを混ぜてパン粉状にした物を切ったリンゴの上にかけて焼くものがポピュラーです。もちろんパイ生地を使ったアップルパイもありますが!どんなパイでも、生地をかぶせた後にナイフで切り込みを入れますよね?その役目をしてくれるのがこの鳥なので、パイ作りのときにはいつでも登場できるはずです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中