あっと言う間の二週間

今回のイギリス滞在は、過去にないくらいに楽しいものとなりました。

その主な理由として、今回はどういう訳か義母が私に対して非常に好意的に接してくれた事が大きかったと思っています。彼女の気持ちにどういった変化が起きたのかはわかりませんが、嬉しく良い事であるのは間違いありません。次回会った時にもそうであってくれますように…!笑

それから、今回のロンドン滞在中にお世話になった友達の家がとっても快適だった事もあります。主人の古い友達の家で、ご主人と小さな男の子二人の家族なのですが、ご主人がルーマニア人の大工さんなのです。今住んでいる家も彼が建てたもので、売る為に建てた家なんだそうです。イギリスでは、家を買うと外観は残し(又は一部を壊して部屋を広げる)つつリノベーションを繰り返し住みよい家にしていきます。その方が売る時に高く売れますしね。実際主人の両親の家も、行く度にどこかしらが変わっています。今回は義父が高齢になってきたこともあり、今まで物置き代わり使っていたガレージを壊して、新しくトイレとシャワー室が作られていました。で、友達の家に話を戻しますが、彼が建てた家はそうではなく、いわゆる新築の家で、外壁はレンガではなく白壁で中は広々として明るく、なんと各部屋にシャワーとトイレが付いている「外国の家」だったのです。これは借りる側にしてみたら非常に嬉しいですよね~。ただ一つ残念だったのが、庭がなかった事でしょうか。ちょっと座ったりバーベキューをする位のスペースはありましたが、殆どのイギリスの家にある庭というのはありませんでした。

ちょっとわかりにくいですが、イギリスの各家庭の庭ってこんな感じです。玄関から入って部屋を突き抜けた先にあるので、外からは見えません。庭の事を「back garden」と呼ぶのですか、その通りですね。多くの人は花や木を植えて季節ごとに楽しでいますが、スーザン家は野菜が沢山でした。そしてこのテントは、私達が滞在中、彼女の息子二人とウチの息子が寝るために設置してくれました。何という良いアイデアか!笑

っと言う訳で、二週間なんてあっと言う間に終了。楽しい時間は経つのも早いですよね。

イギリス最後の朝は、近所のカフェで「proper british breakfast」笑。写真右上のがソレです。

迂闊にも、スコーンをジャムとクロテッドクリームで正式に食べたことがなかった私!今回やっとの実現。

最後の〆は、空港でギネス。帰りたくない気持ちも強く、ジタバタとここで3杯。笑 後ろ髪を相当に引かれつつ、サウジに戻って来た次第であります。

毎日良く歩いていた日々から一転、また歩きに行く所がない生活に戻りました。

数日前から、いよいよ息子も学校に通い始めました。これで本当の意味でサウジでの生活がスタートした気分です。

試練の始まりです…!(はぁ〜)

小旅行

今回のイギリスは、主人の家族に会う事に重点を置いていて特に予定を立てていなかったのですが、一つだけ友達家族に会いにいく約束をしていました。彼らはモロッコにいた頃に知り合い、それ以来家族ぐるみのお付き合いをしています。彼らは二年ほど前にイギリス人である奥さんの故郷へモロッコから引っ越して来ました。実はイギリスはロンドン周辺しか知らない私。今回初めてのイギリス小旅行となりました〜!笑

スーザン(奥さん)は、自宅の庭で野菜を育てていますが、それ以外にも年間で土地を借りて菜園出来るところで色々と作っていました。

ぜーんぶ採れたて新鮮!私も一緒に行って手伝ってきましたよ。ラズベリーを摘んだのって、初めてだ〜!

私たちが訪ねた時はまだ夏休みには入ってなく子供達は学校があったので、スーザンは私たちを「ちょっと歩きに」連れて行ってくれました。

あの、頂上を目指します!

初めのうちは楽勝!っと侮っていましたが、やはり中盤からジワジワと日頃の運動不足が祟り、最後はへーへーしながらもなんとかたどり着きました。汗

途中で雨がぱらついたりもしましたが、なんとも清々しい疲れであることか!(羊も雨宿り)

帰りはそばにあったパブに入りランチ。と、一杯!(モチロン!)

他にも、家の近所にある小さな城へ散歩に行ったり、みんなでBBQ をしたりしてのんびりと再会を楽しみました。

スーザンのモロッコ人旦那が作ってくれたミントティーとモロッコでよく食べられているハシャというパンで朝ごはんだ〜。

よく食べ、よく飲み、よく笑った4日間でした〜。

楽しかった!

更に、つづく…