ひよこ豆のお豆腐

ひよこ豆を使って作るお豆腐、というのを友達が教えてくれました。
いろいろと面倒なプロセスがきっとあるんだろうな…..
っと思っていたら、あれまぁ!
めっちゃ簡単?!

早速作ってみました。

image

実はコレ、2回目のチャレンジなんですよね。
初回のは水を加え過ぎて形になりませんでした(汗)

では、早速作り方を。

材料は、乾燥ひよこ豆と水のみです!

image

まず乾燥した豆の量を測っておきます。
豆は一晩水につけておきます。

image

水をきった豆をミキサーに入れ、乾燥した状態で測った量の2倍の新しい水を加え撹拌します。
豆乳の出来上がり!
それをさらし等で濾していきます。

image

ぎゅーぎゅーと力を入れて搾ります。

image

搾った豆乳を鍋に入れ火にかけます。
中火で、絶えず鍋底からかき混ぜながら火を入れます。

image

少しすると固まり始めます。
写真のようなカスタードクリーム状になると、かなりしっかりとした固さに出来上がります。
ホロリと柔らかいのがお好みでしたら、この時点で水を加えて調整可能だそうです。なので、最初に加える水は控えめにしておきます。

image

しっかりと火が入りとろみがついたら、タッパーなどに入れて冷蔵庫で冷やしたら出来上がり〜!

どうですか?
簡単でしょう?
ひよこ豆だけで、出来ちゃうんですよ!スゴイでしょう!?

今回私は、250gの乾燥ひよこ豆を使ったのですが
「おから」が結構出たので、これを何かに出来ないか…..っと探していたら、「ひよこ豆のおからクッキー」っというのがあったので作ってみました。

image

ココアを入れた、歯ごたえバッチリのクッキーです!
ひよこ豆を無駄なく丸々使えて満足(笑)!

まだ冷や奴のようにしか食していませんが、このくらいしっかりしていたら汁物に入れても大丈夫かも?!

とにかく、手軽に作れてとっても安上がり!(スリランカでは)
K子さん、レシピを伝授してくれて、どうもありがとう〜!

image

ちなみにこちらが水を加えすぎの結果。
ま、味は一緒だからこうなってもオーケー、オーケー(笑)!
作ってみてね。

広告

予期せぬ出来事

今のところに引っ越して来てから、なんか緑が欲しいね~っと言いつつ園芸市へ行き、バジルとタイムを買いました。(一応緑だよね?)

image

バジルはさておき、タイムはすぐにダメになるだろうなぁっと思っていたら、見事に枯れました(苦笑)
が、暫くすると、雑草がニョキニョキっと。
緑には違いないので水をあげていたところ、先日、「あれっ?!」
なんかコレ、見覚えがあるかも…

image

左からぐっと伸びているのがソレなのですが、
よ~く見ると花が付いてるではないですか!

image

むむっ!
コレは、間違いなく、トマトではないですか!?
葉っぱの匂いを嗅いでみても、やっぱりトマトです!

種から頑張って育てよう!としても、結構時間がかかったり難しいんですよね、トマトって。
なのにまあ、ものすごく勢いでニョキニョキと育ってしまってるし。

ま、面白いので、もう暫く見守っていきたいと思います。

朝ごはん

先日行った、ウナワトゥナで泊まったゲストハウスの朝ごはんの話しを少ししますね。

旦那がたまたま見つけたお手頃なこのゲストハウスは、オーストラリアとイギリス人男性2人による経営で、まだオープンしてそれほど経っていないこざっぱりとした宿でした。
オーストラリア人の方は、ホテルコンサルタントをしていたらしく、ちょこちょこっとしたアイデアも面白かったです。
ソフトドリンクやアルコール等の冷蔵庫に入っている飲み物は、お客様を信用して全て自己申告制。冷蔵庫の横にノートが置いてあって、自分たちで記入します。
その名も 「Honesty Bar」

それから、食べ物は朝ごはんのみのサーブ。ランチとかディナーは無し。その代わり、朝8時以降だったら何時でもOK。
夜遊び過ぎて起きたら昼過ぎ!!
なぁんて時でも大丈夫。作ってもらえます。
そんな、朝ごはんのみのサービスなので、質とバラエティにはこだわっているそう。

私たちの第一日目は

image

スリランカの朝ごはんでした。
手前から、スリランカ風オムレツ、レンズ豆のダールにココナッツ サンバル(削ったココナッツにチリ、玉ねぎ、塩などを加えた物。カレーやご飯に混ぜて食べます)、その右上のはお米の粉で作った麺のようなもの。これにダールとココナッツ サンバルを混ぜて食べます。

image

後はこのスリランカ風クレープ(キトゥル蜜とココナッツを混ぜた物が入ってます)にフレッシュジュース付き。
この日は、スリランカ人のオッチャンが楽しそうに作ってました。

二日目は、わりと普通にベーコン&エッグにトースト。
又はパンケーキのいずれか。
アシュリは決めかねていたら、パンケーキとベーコンという贅沢なひいきを受けてました。

三日目は、卵とほうれん草のパイ 又はフレンチトースト。

image

image

ここでもアシュリは、フレンチトーストにパイ一個付きという甘やかされ方!
珍しかったのが、コレ。

image

ワダラマという花を煮出したお茶。煮出した後にお砂糖少しとライムジュースを加えるそうです。
この花は売っていることはないので、自分で育てるか探すしかないそうです。爽やかで美味しかったですよ!

三日目はイギリス人の方が作ってました。彼がここのメインシェフだそうで、これが彼のキッチン!

image

野外キッチン。
現実的ではありませんが、憧れます!

イギリス人の彼、実はお母さんがスリランカ人だとか!全くのヨーロッパ人にしか見えなかったのでビックリ。しかも実家は、今私が住んでいるすぐそば。地元の話で盛り上がりました(笑)

このゲストハウスに2~3日前に来たばかりだという、新メンバー。

image

まだ手のひらサイズのウサギさん。
アシュリが欲しがったのは、言うまでもありません。

こんなに近いから、週末にちょこっと行くか! ってのもアリですね。

Unawatuna

今年の夏は、旦那の休みが少ないのと、私もちょこちょこと用事があったりするので、近場のビーチへちょろっと行ってきました。

コロンボから最短1時間半ほどで行けてしまう、ウナワトゥナという所です。

今回は、初めて「高速バス」というのを使って行ってみることに。

高速道路を使って行く、エアコン付きのバスです。

家からこのバスのバス乗り場までと、バスを降りてからはトゥクトゥクが必要ですが、それにしても速くて安く行けましたよ。

image

今回はたった3泊なので、ひたすらのんびり〜。

image

途中、隣町にあるゴールという所へ行ってみたり

「ジャングル ビーチ」と呼ばれている、小さな湾へ行ってみました。
この「ジャングル ビーチ」は、
何がジャングルかといいますと
ビーチに辿り着くまでの道のりがジャングルなんですね。

image

image

image

このように進んで行くと

image

ジャジャーン!っと現れます。

観光シーズンの少し手前だったようで、どこも人が少なくてラッキーでした!

帰りは、高速バスがどこから乗れるのかという事と時間も分からなかったので、ゴールまで行って列車で帰ることに。
列車はとにかく混むので、エアコン付きの一等車の切符を購入。

image

エアコン、付いてます!(笑)

image

壁にデザイン模様が入っていたり、木を使って何気に高級感をかもし出しています!

image

でも、こんな感じなんですけどね(苦笑)

image

Free WIFIですと?!
一等車のお世話係りのお兄さんにパスワードを尋ねてみると、
直接教えずに、彼ら自ら打ち始め….
何故だろう?っと覗いてみたら、なんともまぁ、長〜いパスワードだことよ!
コレきっと、一等車以外の人が使えないようにしているんでしょうね。

そのお世話係りのお兄さん達、用事がなくなると、空いている一番後の席に遠慮がちに座っていたのですが、時間が経つに従ってこの有り様!

image

客より偉そうです。
そのうち私用電話はかけ始めるわ、ネットで何かを見始めたりしてうるさいのなんのって!

結局、列車は三時間ほどかかりました。その上バスより倍くらい高い!でもま、列車には列車の良い所がありますからね。良しとしましょう!

スリランカならではの、お手軽ビーチリゾートでした!

image

ご近所散策

さてさて、大分落ち着いてきた新居。
ご近所をぶらぶらしていたら、コーヒー豆屋さんを発見しました。
早速入ってみると…

なんともまぁ、コーヒーのよい香りではないですかぁ!

image

ナニナニ、ノーマルにバニラ、ピンクのサインはペルシャ ブレンド スパイス コーヒーとありますねぇ。その他には、アラビカってのもありましたよ。

まずは、レジで欲しい物を言ってお金を払います。
するとオッチャンが「ナントカ、ナンとか〜!」と叫びます。

image

すると、まず豆を量って

image

挽いてくれます。
挽きたての豆、まだ温かいですよ!
ノーマルとアラビカを50gづつ買って、なんと約80円!
どうだ、参ったか!のお値段でしょう?(笑)

image

コーヒーの他に、ジャガリー(砂糖)も売ってます。
こちらは1キロ約160円。
この半球一個買って約70円なり。

image

小さなコーヒー豆屋なのに、どういう訳か学生さん達が大勢いましてね、一体なんだべ?っと思っていたら、ここでアイスコーヒーも飲めるんですよ!

image

早速試してみることに!
これが不思議な事に、コーヒーの味があまりしないんですよ。
コーヒー風味の砂糖入りミルクって感じですかね。
でもま、この一杯が30円しないんでね。文句は言ったら野暮ってもんですよね。

いや~、それにしても、
コーヒーってのは本当にいい香りですよねぇ。
香りだけでも、リラックスできますな。

ご近所散策でした!

ジャックフルーツ

引っ越してきた家もだんだんと落ち着いてきました。

実は、上の階に主人の同僚家族が住んでいて、そこの奥さんから「HELP!」の呼び出しがあったので飛んで行ってみると、そこには大きなジャックフルーツが…

その日彼女は買い出しに行き、買う予定ではなかったその大きなジャックフルーツを、あまりの安さにつられて買ってしまったんだそう。
彼女には、まだ幼い子供が2人いて、その日の買い出しの下準備やらなんやらで、ジャックフルーツまで手が回らない事に気付き、私にSOSを出してきた、という訳ですね。

彼女曰く、
「このジャックフルーツをむいてくれたら、半分差し上げます〜!」

まあさ、正直言うと、私はあんまり好きではないんですよね(汗)
家の男どもは好きだけど…
でもま、いいか、手伝おうではありませんか!

なんてったって初めてなもんで、手順を教わり
家に持ち帰り地味な作業が始まりました。

image

これはね、ほんの一部よ。
実際にはラグビーボールくらいの大きさなんだから!

image

まわりの白っぽい部分と種を取っていくんだけど、これがものすごーくベタベタで、しかもヌルヌル。
間違っても楽しい作業ではありません。

image

こーゆー状態にします。
こうしておけばすぐに食べられるし、冷凍保存もOKだそうです。

スリランカでは、ジャックフルーツがまだ熟しきる前にカレーにして食べる事が多いようです。
上の奥さんはベトナムの方なので、このようにフルーツとしてこのまま食べるんですね。

今回彼女から教わった豆知識はですね、ジャックフルーツのベタベタは水では簡単に取れないので、手を水に付ける前に生のお米でこすり取ると良いんだそうです。実際にやってるみましたらね、あら、本当に取れましたよ~!生活の知恵ですねぇ!
何でもやってみるもんですねぇ。
でも、もういいかな(苦笑)

ま、皆さまもジャックフルーツを相手にする機会がありましたら、是非お米で試してみて下さいね。

年間恒例行事か…

随分とサボっていましたね、ブログ…
言い訳は沢山あるのですが、一番最近の真新しい言い訳はですね、「また」引っ越しをしました~!
一年おきに引っ越してるので、なんだか恒例行事になってます(苦笑)

海のそばはもう懲りたんじゃないのか?っと突っこまれそうですが、また海に近くなりました。

引っ越してきて5日が経ちました。
今日真剣に頑張ったので、なんとか物にぶつからずに歩けるようになりました〜。
我が家公開もあと少しのところまできました!

今日は、我が家からの景色をお送りいたします!
海がかすかに見えますよ~。

image