ไข่เจียว

 ไข่เจียว

さて、なんと読むのでしょうか?(笑)

これは、タイ語で 「 カイジャオ 」 と読みます。

・・・って、私も実は読めないんですけどね。汗

では、カイジャオとはなんでしょうか。

実はこれ、「 タイ風オムレツ 」のことなんですね。

タイに行かれたことのある方、バンコクあたりのフードコートに

「 Crispy Omelet  」(クリスピー・オムレット) などと書かれたメニューを見たことはないですか?

これがその、カイジャオのことなんですね。

DSCN5529こんな感じに、薄っぺらいオムレツをご飯の上に乗せて食べます。

私はたまご好きなので、いつもきらさずに冷蔵庫に常備していますが

なぁ~んにもない朝は、このカイジャオが頻繁に登場します。

DSCN5514ご飯とたまごがあったら出来るんです。

日本にいたら、たまごがけご飯にでもするかなぁ・・・・(好物)

でも生たまごはちょっとここでは・・・・・ なのでね。

今日はコリアンダーがあったので一緒に入れてます。ねぎでもいいよ。

作り方はいたって簡単で、

たまごを割ってほくし、塩・コショウ、好みで醤油で味付けし

フライパンで焼くだけです。

(タイでは、醤油ベースの調味料や粉末の調味料などを入れたりもします)

が、この 「 焼きかた 」にちょっとしたコツが。

DSCN5521熱々に熱したフライパンに、かなりの量の油を入れ熱します。

そこへたまごを一気に投入しフライパン一杯に広げます。(ずっと強火)

たまごの淵が固まってきたなっと思ったら、

スプーン等でフライパンで熱くなっている油をたまごの表面にかけ続けます。

フランス料理で魚をソテーするときに、フライパンで溶けたバターをかけつつ焼いたりしますよね?

そんな要領です。

すると、たまごがふわっ っと膨らんで、ついでにパリパリっとしてくれるのです。

これが、美味しさの秘密。

写真は油をかけている最中のものですね。

強火で油を潔く使い、フワっ、パリっと仕上げる・・・・

これがカイジャオの全てであります。

カイジャオが美味しい食堂は間違いなく旨い!

っと言われるほど、シンプルにして奥深い料理のようです。

そういえば、他の国でもたまご料理というのは別格に難しいと言われていますものね。

私はこのカイジャオを、いろんなところで作り方を盗み見しつつ覚えました。

具はたまごだけでも良し、豚挽き肉なんてのを入れても良し。

これぞ究極の庶民の味!であります。

カロリーを気にする方や油を控えている方にはお薦めできませんが、

その他の方には是非一度、思い切って作っていただきたい一品です!

ただのたまごが、本当に美味しくなりますよ。

広告

しょっつる

しょっつる   ってなんでしょうか?

「塩魚汁」 と書いて、しょっつるだそうです。

「魚醤」 (ぎょしょう)・ 「魚醤油」 (うおしょうゆ)とも呼ばれている・・・・・

と言ったらおわかりでしょうか。

そうです、ナンプラーのことなんですねえ。

ちなみに ナンプラー とはタイ語で(ナン・本当はナーム=水、プラー=魚)

ベトナムではニョクマム、英語ではフィッシュ・ソースと呼ばれていますね。

突然なぜにナンプラーだったかと言いますとね

先日作った3品全てにナンプラーを使ったので

「おおっ、やるな、ナンプラー!」と一人感動したから、なんですね~(笑)

作ったのは、この3品。

DSCN4844豚挽き肉のラーブ

DSCN4859鶏胸肉のベトナム風とキャベツのナンプラー炒め

ラーブはタイ料理で、簡単に言ってみると 「ひき肉のそぼろ・タイ風」 とでも言いましょうか。

味は全然違いますが、作り方は基本そぼろと同じです。

キャベツもタイ料理で、

ニンニクのみじん切りとキャベツを炒めて、コショウとナンプラーで味付けするだけの

 とって~もシンプルな料理です。

鶏モモ肉は、玉ねぎ・ニンニク・ナンプラー・はちみつをミキサーにかけてピューレ状にしたものに

肉(豚でもOK)の薄切りしたのもをマリネして焼くだけ、という

こちらも非常にシンプルな一品であります。

3品ともシンプルでありながらも、ナンプラーがなくては作れない。

逆に言えば、ナンプラーさえあればたいした材料でなくても出来てしまう、ということですね。

素晴らしいではないですか!?

匂いがちょっと・・・・などと言って食べず嫌いの人が多い(ような気がする)ナンプラーですが

ちょこっと加えるだけでぐっと美味しさが増すんですよね。

買ったはいいけど、なかなか使い切れないのよね・・・

という方は、是非普段のお料理に、お醤油の代わりに少し・・

といった具合に使ってみて欲しいです。

料理上手なタイ人友人によりますと、

ナンプラーは牛肉と特に相性がいいんだそうです。

牛ステーキの両面にささっとナンプラーを振りかけて一晩置き、

そのままジュジュっと焼いたものを薄く削ぎ切りにすると

もうそのままで十分に美味しゅうございますよ!

是非、お試しくださいませ。

っと、 なんだかナンプラー協会の回し者のようでしたかね (笑)

いや、それほど優れた調味料なのでね

お薦めいたします~!

隅から隅まで

昨日は旦那に頑張ってもらって

いらない物は片っ端から捨ててもらいましたよ。

そしたらまぁ!なんとスッキリしたことか!

こんなことなら、もっと前にやるべきでしたよ(汗)

そんな片付けと一緒に、冷蔵庫の掃除もしております。

あと1度、BBQができるくらいの炭が残っていたので

最後に友達呼んでパッとやるか!なぁ~んて言っていたのですがそんな余裕はないことに気づき・・・

買っておいた鶏1羽をマリネしつつ片付けに没頭。

夕方から家族だけで最後のBBQと相成りました。

BBQ

マリネしておいたチキンに残り物の 牛ひき肉と豆のメキシコ風(?)

このチキンがね、美味しかった!(ちょいと焦げてはいますが・・・)

「Grilled Greek Chicken」という名前で、塩・コショウをした鶏を

レモン汁 半カップ・ オリーブオイル 半カップ・にんにく 4かけ(つぶす 又はみじん切り)・

ハーブ類(オレガノ・ローズマリー・タイム・バジル等)のみじん切り 各大さじ1

を混ぜ合わせたマリネ液につけておく(24時間~48時間)

焼く30分ほど前に冷蔵庫から出しておく。

鶏肉は背骨に沿ってナイフ又はキッチンばさみで左右を切り (背骨を 取り除く)

手の甲でエイっと潰して平べったくしておくのがポイントよ。

こんなに大量にレモン汁を使って、大丈夫なの?と思ったけどこれでいいようです。

お宅のこの夏のBBQにも是非どうぞ!!かなりオススメです。

BBQ

鶏につけて食べようと思い作ったこのソース。(緑の方)

タイの、通称「シーフード・ソース」

にんにく・コリアンダーの葉・チリ(生)をそれぞれみじん切りにし

そこへナンプラー・レモン汁・砂糖を加える。味加減はお好みで。

これは、シーフードには勿論のこと、冷しゃぶのソースとしてもかなりイケます。

このソースを作りながら、ふっと冷凍庫に置き去りになっていた一切れの白身魚を思い出し

それもこの際片付けてしまうことに。(上の写真)

一口大に切った白身魚を沸騰した湯にいれ茹でるのみ。

ガーリックオイル(にんにくのみじん切りを少量の油で揚げたもの)をちょろりとかけ

このシーフード・ソースをかけていただきます。

こんなにシンプルなのに旨いんだな~。

これもすっごくオススメですよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いろんなところが、徐々に片付きつつありますが

戸棚にこんなものを見つけてしまいました。

ピーナッツバター

ウーピーパイを作った時に、

ピーナッツバター・クリームというのがどうしても気になって買ってしまったのですが

やはりその時にしか使わなかった!

結構大量に残ってしまっているので、どうしたもんだか・・・

どなたか、ピーナッツバターの良い使用方法をご存知ではないですか?

ちなみに、このままパンにつけてみましたが、やはりあまり好きではありませんでした(苦笑)

子供の頃、セサミストリートでアーニーがよく「ピーナッツバター・サンドウィッチ」を作っていて

どうしても気になったので自分でも作ってみたら、好きじゃなかった

ということを思い出しました。

学ばずに同じことを繰り返しているんですね、私って・・・・(汗)

明日も片付けは続きますーーーーー。

Pomelo

ポメロを見つけたので買ってみました。

 ポメロ

 ポメロはマレー半島原産で、柑橘系類では最も大きい種類だそうです。

中はこんな感じ。

ポメロ味は、ちょっと甘くてちょっとスッパイ。そしてちょっと苦い(笑)

あまりアクセントがない味なのですよ。

日本にサボンや文旦があるでしょう。

あれらはこのポメロを改良して作られたそうです。

このまま食べるのですが、タイではこれをヤム(辛いサラダ)に入れたりもします。

私はこれ、タイではまったフルーツの1つでしょっちゅう食べてました。

もともと汁気の少ないのが特徴なのですが、今回のこれは特にパサパサしてました。

ま、産地ではないので仕方ないですね。

実は私、妊娠中にはまりにはまっていたのがグレープフルーツなのだ。

もしタイで妊娠してたらこれだったな、などと 思いつつガシガシ食べていたのを思い出し

また一人ガシガシと食してました(笑)

そうそう!

先日、うち玄関の前にソファやらTVなどの放置の話を書いたでしょう。

あれ、やっと先日撤去されましたよ!

引越し用の軽トラが下に停まっていて、よく見たら見覚えのあるソファが...

そしてまさしく「山積み」状態にして去っていきました(笑)

おかげでやっとスッキリ。

でも「なんか、スッキリしすぎて変だね」っと。

人間って、変だよね(苦笑)

タイ料理

最近親しくしているタイの友達がいます。

彼女は、実家が食堂をやっていただけあって料理が上手いのだ。

ので、会うたびに作り方を教えてもらっているのです。

今日は彼女の家に呼んでもらい、またまた新しいレシピを伝授していただきました。

タイ料理

「カオ モック ガイ」といいます。

マリネした鶏肉と米を一緒に炊くもので、カレーの風味がして ほのかに甘いのです。

これにお手製のスウィートチリソースや唐辛子などを好みでかけていただきます。

タイ南部の料理だそうです。

タイ料理

他には春巻きにヤム ウンセン(春雨の辛いサラダ)

うちの旦那は春巻きがあまり好きではないのに、彼女のコレは非常に気に入っていた様子。

ヤム ウンセンは私の好物なので、彼女がささっと作ってくれました。

いやはや、美味いっす。

 

すでに何度も教わっているんですが、試食の段階でかなりお腹が空いていて

写真を撮るのを忘れちゃうんですよね。

なのでちゃんと写真を撮ったのは今回が初めて(笑)

 

彼女とは、実は、タイにいたときに1度会っているんですよね。

でもその後すぐに彼女達はよその国へ越してしまったのでそれきりだったのですが、

今回私達のすぐ後にヨルダンへ来たのです。

おもしろい縁ですよね。

これからも、これを機会にヨルダンでタイ料理を学びたいと思います!

リクエストがあったら、受付ますよん♪

ヨルダンだけどタイ

イード(犠牲祭)ホリデーに突入してます。

旦那は今日から5日間のお休み(子供は9日間!)

でも、予定なし...!

まあ、まだ昼間は暑いしねえ。観光といっても混んでいるらしいしねえ。

ま、のんびりでも、いいか。

で、暇なので(苦笑)以前の写真を見ていたら、ホリデー気分になれるのを見つけましたよ。

タイ・です。

場所はカオヤイ国立公園。

バンコクからバスで1時間(2時間はかからない)で行けます。

 ここには野生のゾウたちが水を飲みにくるんだそうです。

運がいいと、見られるですって。

...運がなかったですが...

子供でもOKなトレッキングにチャレンジ。

まずは、準備から。

このレッグウオーマーのようなものは、ヒル避けです。

ね、いっぱいいるんです。

サルだっているし。

写真はないけど本当にいろんなものがいるのよ。

アシュの横にある木は、朽ちたシナモンの木。

まだ生きているシナモンの木と匂いを比べたら、あ~ら面白い。

匂い系が好きな(?)アシュは、この後ずっとシナモンのかけらをクンクンしてました。

今後、バンコクに行こうかな~っと思っている方、

1日ではちょっと厳しいけれど、こんなに近くに自然がいっぱいあるのですよ~。

お勧めです。

いろんなものに、出会えます。

突然ですが、タイ

いろんな写真を見ていたら、タイのものが。

私達は必ずと言っていいほど料理の写真を撮ります。

チキンとバジルの炒め物、目玉焼き添え

鶏のから揚げ、スパイシーソース添え

ライス スープ

そして、庶民の味。

どれも皆大好きで、今こうして見ていても食べたくなってしまう~!

そして、これらの写真からいろんなことが思い出されてきます。

急に急に、ものすごく懐かしくなってくるのだ!

モロッコのことも、こうやって思い出すときが来るんだよねえ...