朝ごはん

先日行った、ウナワトゥナで泊まったゲストハウスの朝ごはんの話しを少ししますね。

旦那がたまたま見つけたお手頃なこのゲストハウスは、オーストラリアとイギリス人男性2人による経営で、まだオープンしてそれほど経っていないこざっぱりとした宿でした。
オーストラリア人の方は、ホテルコンサルタントをしていたらしく、ちょこちょこっとしたアイデアも面白かったです。
ソフトドリンクやアルコール等の冷蔵庫に入っている飲み物は、お客様を信用して全て自己申告制。冷蔵庫の横にノートが置いてあって、自分たちで記入します。
その名も 「Honesty Bar」

それから、食べ物は朝ごはんのみのサーブ。ランチとかディナーは無し。その代わり、朝8時以降だったら何時でもOK。
夜遊び過ぎて起きたら昼過ぎ!!
なぁんて時でも大丈夫。作ってもらえます。
そんな、朝ごはんのみのサービスなので、質とバラエティにはこだわっているそう。

私たちの第一日目は

image

スリランカの朝ごはんでした。
手前から、スリランカ風オムレツ、レンズ豆のダールにココナッツ サンバル(削ったココナッツにチリ、玉ねぎ、塩などを加えた物。カレーやご飯に混ぜて食べます)、その右上のはお米の粉で作った麺のようなもの。これにダールとココナッツ サンバルを混ぜて食べます。

image

後はこのスリランカ風クレープ(キトゥル蜜とココナッツを混ぜた物が入ってます)にフレッシュジュース付き。
この日は、スリランカ人のオッチャンが楽しそうに作ってました。

二日目は、わりと普通にベーコン&エッグにトースト。
又はパンケーキのいずれか。
アシュリは決めかねていたら、パンケーキとベーコンという贅沢なひいきを受けてました。

三日目は、卵とほうれん草のパイ 又はフレンチトースト。

image

image

ここでもアシュリは、フレンチトーストにパイ一個付きという甘やかされ方!
珍しかったのが、コレ。

image

ワダラマという花を煮出したお茶。煮出した後にお砂糖少しとライムジュースを加えるそうです。
この花は売っていることはないので、自分で育てるか探すしかないそうです。爽やかで美味しかったですよ!

三日目はイギリス人の方が作ってました。彼がここのメインシェフだそうで、これが彼のキッチン!

image

野外キッチン。
現実的ではありませんが、憧れます!

イギリス人の彼、実はお母さんがスリランカ人だとか!全くのヨーロッパ人にしか見えなかったのでビックリ。しかも実家は、今私が住んでいるすぐそば。地元の話で盛り上がりました(笑)

このゲストハウスに2~3日前に来たばかりだという、新メンバー。

image

まだ手のひらサイズのウサギさん。
アシュリが欲しがったのは、言うまでもありません。

こんなに近いから、週末にちょこっと行くか! ってのもアリですね。

Unawatuna

今年の夏は、旦那の休みが少ないのと、私もちょこちょこと用事があったりするので、近場のビーチへちょろっと行ってきました。

コロンボから最短1時間半ほどで行けてしまう、ウナワトゥナという所です。

今回は、初めて「高速バス」というのを使って行ってみることに。

高速道路を使って行く、エアコン付きのバスです。

家からこのバスのバス乗り場までと、バスを降りてからはトゥクトゥクが必要ですが、それにしても速くて安く行けましたよ。

image

今回はたった3泊なので、ひたすらのんびり〜。

image

途中、隣町にあるゴールという所へ行ってみたり

「ジャングル ビーチ」と呼ばれている、小さな湾へ行ってみました。
この「ジャングル ビーチ」は、
何がジャングルかといいますと
ビーチに辿り着くまでの道のりがジャングルなんですね。

image

image

image

このように進んで行くと

image

ジャジャーン!っと現れます。

観光シーズンの少し手前だったようで、どこも人が少なくてラッキーでした!

帰りは、高速バスがどこから乗れるのかという事と時間も分からなかったので、ゴールまで行って列車で帰ることに。
列車はとにかく混むので、エアコン付きの一等車の切符を購入。

image

エアコン、付いてます!(笑)

image

壁にデザイン模様が入っていたり、木を使って何気に高級感をかもし出しています!

image

でも、こんな感じなんですけどね(苦笑)

image

Free WIFIですと?!
一等車のお世話係りのお兄さんにパスワードを尋ねてみると、
直接教えずに、彼ら自ら打ち始め….
何故だろう?っと覗いてみたら、なんともまぁ、長〜いパスワードだことよ!
コレきっと、一等車以外の人が使えないようにしているんでしょうね。

そのお世話係りのお兄さん達、用事がなくなると、空いている一番後の席に遠慮がちに座っていたのですが、時間が経つに従ってこの有り様!

image

客より偉そうです。
そのうち私用電話はかけ始めるわ、ネットで何かを見始めたりしてうるさいのなんのって!

結局、列車は三時間ほどかかりました。その上バスより倍くらい高い!でもま、列車には列車の良い所がありますからね。良しとしましょう!

スリランカならではの、お手軽ビーチリゾートでした!

image

ええっ、そんなぁ・・・・  な結末

まだまだ観光地ずれしていないタンゴールをあとに

ミリッサというビーチへ移動した我が家であります。

ミリッサはタンゴールからコロンボ方面に少し戻ったところにあります。

最近非常に人気のミリッサ。

泊まるつもりはなかったのですが、3泊宿が取れたので

ならば、行きましょう!っということだったのですが・・・

いざ、宿についてみると

「? 予約なんて、入ってないですよ」

・・・・・・・

って、あんた、朝電話して宿の場所の確認をしたときには、なんの問題もなかったじゃんか。

実はこの宿、ネットの宿サイトで予約を入れたのです。

「○○ですが、今日から3泊で予約してあります」 と言ったら

「はい、あります」 って言ったんだよ、コイツ。

(電話に出たのと実際に行って話したのは同じ人物)

「あなた、予約入ってますって言ったよね?」

「いやだって、そちらが予約したと言ったから・・・・・」 ぶつぶつぶつ・・・・

意味わかんないよな。

結局その日は満室。

そしたらそいつ、偉そうに

「一部屋空いてるところがあるから、見せるよ」 っと、

その宿のすぐ目の前にある

今まさに建ててますという小さな建物にズンズンと入って行くではないか。

????????

コンクリうちっぱなし、なんとか登れるといった階段を上がっていった一部屋に通され

「はい、ここね」  って・・・・

確かに部屋のように区切ってあるスペースに、ベッドが1つドンと置かれているのだ。

ご丁寧に蚊帳まで吊ってある。

でも、それだけ。

窓の穴は開いているけど、ガラスとかはなし。

ドアーだってないし、おそらくトイレだってまだないだろう・・・・

おまけにその部屋のすみっちょでは、作業員の若者3人が

あぐらをかいて昼飯をかっくらっている最中という有様。

とどめにそいつは 「5,000ルピーでいいから」(約4,000円)だと。

なんかもう、笑うしかないよなぁ・・・・・・

まあとりあえず、そいつのことは無視し、

PCをひろげて宿探しを始めるもこんな時期なのでどこも満室。

数件見つかったけれど、あまりにひどいし・・・・

そしてさすがに人気上昇中というだけあって、ビーチは若者観光客ですごい混みよう。

「お父さん、家に帰りましょう・・・・」

っというわけで、

ビーチでまったりホリデーは あっけなく終了と相成りました。

とはいえ、年明け早々には友人夫妻が遊びに来ます。

我が家のホリデーのお楽しみは、まだまだこれから! でございますよ~!

それにしても、「あの」部屋

写真に収めるべきだった・・・・

後悔。

Merry Christmas!

クリスマスですね~!

ここスリランカ南の小さな海沿いの町では、朝まだ暗いうちからず~っと雨が降っています。

真っ黒な雲があっちのほうからやってきて、ドドド~~っと10分くらい降ってからりと去っていく・・・

といういつもの雨とは違い、シトシトと降ってます~~~。

何気に寒かったりもします~~。

ま、昨日一日海で過ごしていた疲れが残っているで宿でダラダラでもいいのですが。

それに今日は、宿でクリスマス・ディナーが用意されてパーティが行われる予定!

楽しみが控えているのでOKなわけです(笑)

一昨日、Mulkirigala Rock Temple というところへ行ってきました。

タンゴールから内陸へ30分ほど入った山の上にある

岩の洞窟の中に仏陀が祭られているお寺であります。

DSCN6008すごい岩山でしょう?

かなり不規則な、岩を削って作った古~い階段を登って行きます。

DSCN6013スリランカの石窟寺院といったら、

ダンブッラにある黄金寺院というのが世界遺産にも指定されていて有名なのですが

ここも同じような石窟寺院です。

小規模ながらもいくつかの寺院があり、そのそれぞれに聖像や絵画があります。

DSCN6017DSCN6018DSCN6019DSCN6034山の上というだけあって、上からの景色もなかなかです。

DSCN6041久々に歩いた! って感じでしたね(笑)

雨がやっとあがってきたようです。

すると途端にあちらこちらからいろんな声が聞こえてくるんですよ。

鳥がほとんどですが、猿もこの辺には多くいるんですね。

もわっとした緑の匂いもしてきました。

ちょっと小腹が減ってきちゃったけど、

ディナーのために、今日は控えておかないと!(笑)

それでは皆さんも、楽しいクリスマスをお過ごしくださいね!!

Christmas Holiday in Tangalle

子供も旦那も休みに入りました~。

冬休み開始であります。

今年は、去年同様 「ビーチでまったりホリデー」 であります。

去年行った ベントータ ・ ヒッカドゥワ をさらにさらに突き進んで行き

スリランカの最南端をさらに越したところにある

タンゴール ( Tangalle )という海辺の町に来ています。

我が家は車がないので、ここまで来る手段として

1・ 電車でガタガタ

2・ バス

3・ バン等の車を手配

4・タンゴールの手前まで飛行機で来る

1と2は、安い。とにかく、安い!  が、非常に疲れる。ここまでは長すぎる。

4は、高い。高いうえに降り立ってからさらに車等の手配が必要。即却下。

残るは 3 ですね。

知り合いのバンを聞いてみたのですが予定がすでに入っているので無理。

タクシー会社数件に電話で聞いてみると、一番高い会社はとても高い。(当たり前か)

結局、インド製の車 TATA (超小さい車)のタクシーをお願いすることに。

たまたま乗ったドライバーの兄ちゃんがとてもよく、彼がいろいろと考えて

最終的には「じゃ、僕が行きます」と言ってくれたもんでね。

まずは、コロンボからゴールまで開通した高速道路を使って一気に進みます!

DSCN5926この高速道路、まだ新しいですよね。

とってもきれいです。

ここまで来るまでのスリランカのローカルな道のりから、一気に別世界に変わります(笑)

DSCN5933ゴールに着く前にドライブインがありました。

話のネタに寄ってみると・・

DSCN5929なんだか立派な建物で、中にはスーパー・お土産もの屋・フードコートとなっています。

DSCN5931こんな店もありましたよ~~。

「道の駅」

 ・・・・ なるほどねぇ ・・・・・

青い字で書いてあるのが、微妙ですね~~~。

我が家からゴールのインターまでは2時間弱。

早いですね。

その後はひたすらローカル道を進みます。

DSCN5943半分になった車を運ぶ車 (笑)

やっぱり、普通の道の方が楽しいです。

家を出てから4時間強、やっとタンゴールへ着きました。

DSCN5952今回お世話になる宿から。

写真上奥に見えるのが海。 道を渡って降りていくとビーチがあります。

今日、Day 2 の予定は、朝起きたらまず海へ行って

その後朝ごはんをいただく・・・というものだったのですが

起きたらなんと9時。

朝ごはん(10時まで)を食べ損ねるぞ!と皆をたたき起こし

寝起きに腹いっぱい食べてしまったので動けなくなり

部屋のベランダでぐ~たらしている計画性のない我が家であります。

午後からは出掛ける「予定」なので、そしたらまたUPします。

あくまでも、予定 ですが・・・・

それでは、また~。

DSCN5961

Palm Beach Resort ・ Trincomalee

今回のホリデーを語るにして、忘れてはならないのがお世話になった宿であります。

Palm  Beach  Resort (かなり覚えやすい名であります)

イタリア人夫妻が経営しているゲストハウスです。

ここは美味しいイタリアンが食べられると有名で、

在スリランカの日本人の方々にも広く知れ渡っているそうです。

今回のホリデーはどこへ行こうか・・・・と考えていた時に、こちらの知り合いの方が

「トリンコマリーは?キレイですよ~。あ、美味しいイタリアン・レストランもあるそうですよ~」

っと助言してくださったのがトリンコマリー決定の鍵だったのですが

別の友達がくれたガイドブックにゲストハウスとして載っていて

電話をしてみたらその場でササッと決まってしまい

後になって、聞いていたレストランと同じところだったと気づいた次第。

DSCN4624まずお料理は、評判の通り美味しかったですよ!

オーナーの奥さん・ドナがキッチンの一切を仕切っているのです。

そしてサーブしながらお客さまの接待をするのはご主人・ルカの役目。

朝は軽くトーストや卵料理なので、これはスリランカ人の従業員に任せてあります。

さすがにイタリア人だけあって、戴いたカプチーノは最高でした。

昼は、これまた軽めにサンドウィッチやクロスティーニ、サラダといったメニュー。

クロスティーニはモッツァレラとアンチョビやトマトとバジルなど数種類出来て、

どれもシンプルで旨い!

お話によると、ハーブ類は裏庭で育てており、

出来る限りの材料はイタリアから取り寄せているとのこと。

シンプルなサラダといったってあ~た、

オリーブオイルとバスサミコをかけて完璧にイタリアンのそれですよ!

夜がこのレストランのメインで、ドナの出番であります。

メニューは基本的にはく、その日手に入った新鮮な魚介類をもとに

ドナが手書きでノートにささっと書いていきます。

パスタがやはり多いですが、メインとなる1品料理も必ず1つは用意されています。

イカ墨とカラスミのパスタやドナお手製のラビオリ、新鮮なお魚のタルタルなどなど・・・

何を食べてもウマイ!そして全く飽きない!(6晩続けて食べてましたよん・笑)

日替わりで変わっていくメニューのなかには定番メニューもあって

恐らくこれが一番ダントツで旨いであろう!と思われるのが カルボナーラ なのです。

実はうちの息子、カルボナーラやクリーム系のパスタが大好きなのですが

ドナのカルボナーラを初めて口にした時、一瞬止まりましたね(笑)

そして一気に無言でうなずきながら(ウマイ、というサイン)ペロリとたいらげていました。

食べ終わってから一言・・・・

「今までカルボナーラだと言われて食べていたのは、本当は違ったんだね」・・っと。

ははっ、左様でございます~~~。

別にだましていたわけではないのです~~~(汗)

子供って正直ですからね~。

実際、今まではチーズやきのこ類が嫌いだと宣言していた息子ですが

私が頼んだポルチーニのパスタは半分持っていかれ

主人が頼んだペコリーノ チーズとパルメジャーノのパスタもやられてました。

やはり美味しい物は食べるんですよね。

正直すぎますよね~~。

・・・・っと書くだけ書いておいて写真が一枚もないんですよね・・・・

すみませ~ん・・・・ 忙しかったんです~・・・

DSCN4430食べ物のことになると、ついつい長くなってしまいます(笑)

少しはゲストハウスのことも・・・

部屋は全部で8部屋。

シンプルで余計なものはありません。そしていつでもキレイです。

シャワールームを広くとっていたり、

シャワーとは別に足が洗えるようにと低い位置にも蛇口がついていたり

服が何枚でもかけられるようにフックがたくさんあったりと

ビーチホリデー客の身になって考えてあるなっと思いましたよ。

DSCN4491門を出てすぐ左を向くと、そこはビーチ。

最近、実際に行って見て、食べてみて、泊まってみてどうだったか

という旅行者の口コミサイトが大流行りしてますよね?

そこでここパームビーチのコメントを見たのですが、

こんなに海が近いのに 「ビーチが離れている」 とか言う人がいるんですよ。

さらに、更に言わせてもらうと

ここまで皆が口をそろえて

「美味しいイタリアンが食べられるゲストハウス!」と言っているにもかかわらず

わざわざ自分でここを宿として取っておきながらも

「何故スリランカに来てまでイタリアンなのか。ヨーロッパの雰囲気も嫌い」

とか書いているコメントもあるんですよね。

一体、どこに何を求めているんでしょうかね、こういう人達は・・ ブツブツ イライラ ・・

DSCN4426

美味しい料理やすばらしいロケーションはさておいても

私が一番やられてしまったのが、実はこのイタリアン夫妻なのですよ。

「イタリア人特有の素っ気なさがあるけど、実はとってもフレンドリーだよ」

と主人の同僚で何度かここへ来ている人から聞いていたのですが

実にさりげなく、本当に良い人達でありました。

ご主人のルカは特に日本びいきで、

私たちの滞在中にも日本人の方のディナーの予約が入ったときなどは

「今日は3人、日本人が来るからね。楽しみにしていてね!」っと

一番楽しみなのは、他でもないルカ(笑)

DSCN4664なんかこう、楽しげな写真がなかったかしら・・・・

と探してみたら、ありました、ありました。

近所に住む(?)可愛がっている女の子のお誕生日だから

ケーキを一緒に食べてよ~!っとお裾分けをしてもらい

ビール飲みつつスリランカの超ローカル仕様の甘あまケーキを頬張る

めちゃくちゃバラバラな気だるい午後の図   であります(笑)

いろんなところで、この夫婦の人柄を垣間見ることができるのです・・・

「イタリアに連れて行ってあげたいね~」と息子に言うと

「またトリンコマリーに行けばいいよ」と(爆)

また行きますよ~!

それまで、

Ciao ciao!

ザ・Beach

トリンコマリーへの旅

今回私たちは、夜行列車で行ったんですよ。

がったがたと痛いほどに揺れる列車に唸ること8時間半。

朝の5時半に無事到着。

前もって宿の方へは早朝到着の件は伝えておいたので、(今回の宿はゲストハウス)

オーナーが出て来るまでの間、勧められたようにビーチへ行って朝日を拝むことに。

DSCN4406

いやはやなんとも素晴らしい朝日ではないですか。

始めよければ終わりよしですからね~。

これは幸先の良いスタートとなりましたよ。

このビーチね、行ってみてまず目に入ったのが コレ。

DSCN4362牛、です。

たまたま通りかかった、ここ数日朝日を見に来ているという旅行者の方によると

どういうわけか、毎朝この場所にこうしてたむろしているんだそうです。

ただ何もせず・・・・ じっと朝日を眺めている んだそうです。

いい生活ですね。

DSCN4467ビーチは白浜で波は穏やか。そしてどこまででも歩いていける遠浅な海なのです。

プールでは泳げても海では泳げたことがなかった私でさえ、ここでは泳げました。

この辺りから1kmほど沖に、ピジョン アイランドという島があります。

ここはシュノーケリングが気軽に楽しめる国立公園。

DSCN4543ここでアシュリ初のシュノーケリング体験です。

DSCN4519ここも白浜なのですが、浜を覆いつくしているのはなんとサンゴ。

DSCN4523裸足で歩くと 痛いです。

DSCN4542見よ、この透明度を!

ちょこっと顔をつけて見るだけでも、いろんな魚が見ることができましたよ。

手付かずの自然が残っていると聞いてはいましたが、

いやはやビーチは本当にキレイでしたよ。

ビーチ沿いにホテルやゲストハウスが点々とありはしても

浜には本当にな~んにもないんですよ。

漁船やダイビング用のボート、ゲストハウスの看板がちょろりとあるくらい。

ここが変わっていくのはそれこそ時間の問題だと思われますが

このまだ開発が進みきっていない時期に来れた事は本当にラッキーでした。

人々も本当に素朴な感じで、

特に子供たちは、もうこっちから「こんにちわぁ!」と手を振ってしまうくらいにカワイイのですよ。

旅行に行ってまで、現地の人に悪態をつかれるくらい嫌なことはありませんからねえ。

たえずデヘへ~っとだらけていられた

とっても良いホリデーでした。

つづく