Recycling

編み物や ちくちくと何かを縫ったりするのが好きなのですが

いよいよ材料が在庫薄になってきてしまったんですよねぇ。

そこで、着なくなった服を使って何かしてみよう・・・・ ということになり

まずは手始めにT-シャツからリサイクルしてみることに。

着なくなったT-シャツをじょきじょきと切って T-シャツで糸?紐?を作ります。

作り方は こちら から。

DSCN5698紐になったら、3本をみつ編みにしてロープを作り、

グルグル・ざくざくと縫い合わせてマットの出来上がり。

DSCN5039

近所のスーパーで荷造り紐を見つけたので、

T-シャツ紐を芯にしてかぎ棒編みでグルグルグル・・

DSCN5692DSCN5695

これらは、T-シャツ紐をそのままかぎ棒編みでバスケットに。

DSCN5302・・・帽子では ありません・・・

切り方によって紐を細くしたり太くしたりは自由だし、

マットなどにすると、かなりしっかりとした物が出来ます。

肌触りも良いし、洗濯だってできますから これはお薦めですよ~。

DSCN5739

もう1つのリサイクル作品(笑)

まだ履けるけれど丈が短くなった息子のジーンズ。

ショーツにしようと切り落とした裾の部分で小さなバッグを作ってみました。

肩紐を付けてある金具は、キーホールダーのリングです。

「これで何かが作れるか?」  「これが何に変化するか?」

などと考えるのもリサイクルの面白いところであります。

ま、時間があるからこそ出来る・・・・  のでありますがね。

アボカド

今朝、奥の部屋でアイロンがけをし終わってリビングに来てみると

ソファの上になにやらビニール袋が・・・

(うちは玄関を入るとすぐにそこがリビングで、普段ドアーは開けっ放し)

建物内に居住者以外が入っては来れないので、決して怪しい物ではないのはわかっているものの

やはり一瞬 ドキリっ としますね(笑)

袋の中にはアボカドが2つ入っていました。

DSCN5076「わぁ、アボカドだっ!!・・・・よね?」

と思うくらいに大きなアボカドなんですよ。

測ってみたら、なんと長さが20cm近くもありました。

これは、下に住む大家さんのお裾分けに違いないので

確認のために袋ごと持ってお礼に行きました。

大家さん夫婦はスリランカの古都 キャンディ の出身で、

このアボカドはご主人のご実家からの物らしいです。

「こんなに高価な物を・・・」と言うと、 「高くないよ~」っと。

店で売っているのは、高いんですよ~。

私はアボカドが大好きなんですが、

高いしあまり良い物にあたったことがないので滅多に買わないのです。

居合わせた大家さんの長女 (私はなんでも知っている ・ しっかり者タイプ)が

「これはね、半分に切ってから砂糖をかけて

種のくぼみの部分にアイスクリームを入れて食べるのが一番だから」っと。

甘い物好きな、スリランカらしい食べ方だと思いました。

ちなみにうちでは、サラダに入れたりサンドウィッチや寿司にもいいよ

っと 「私も違うことを知っている」風に(笑) 教えてあげました。

アラブでは、アボカドジュースというのがありますが

スリランカ風食べ方をミキサーにかけたら、きっとあの味になるんだろうなぁ・・

今がまさに食べ頃! の熟れ具合だったので

早速お昼にレタスとアボガドでシンプルにサラダとしていただきました。

お味のほうは、 スリランカで食べたなかで一番美味しかったです!

うちの子は食べないので、主人と私で半分が精一杯。

あと1つ半あるのですが、どうしましょうか~。

グアカモーレ(アボカドのディップ)が一気に使えていいかなあ。

お薦めの食べ方がありましたら、是非 早いところ 教えてくださ~い!

とうとう、デビュー・・・してしまいましたよ

この歳にしてのデビュー・・・

勘の良い人はわかりますかね。

そうです。「老眼鏡」です・・・!

2年くらい前からジワリジワリときていたんですよね。

去年あたりは、夜編み物をするときになると非常に見えにくくなっていて、

いつも座っているソファの真横にライトをもってきたりしてたんですよね。

食品のパッケージの裏に書いてあるような細かい字は

アシュから借りていた虫めがねで見ていたんですよね。

それでもまだなんとかやってたんですよね。

それがここへきて、一気に悪化。

「見えなくて困る」という状態になってきてしまったんですねえ。

一番困るのは、買い物に行った際、値段が見えないんですよ(涙)

注 :  スリランカの値段表示はどこもかなり小さいような気がしますっ。

何かあるたびに旦那やアシュを呼びつけては読んでもらうことを繰り返し・・・

「いい加減に観念して、めがねを買いなさ~い」と一喝。

ハイ、そうします~~~(汗と涙)

*****          *****          *****

アシュのスイミング ゴーグルが壊れたのでスポーツ店に買いに行ったら

「うちにはないけど、隣のメガネ屋にならあります」っと・・・(?)

そのメガネ屋さんに入った途端、「買うなら、今」と旦那の一声。

「へへへ・・・」とよくわからない笑みを浮かべていると

「じゃ、チェックするからこっちに来て」っと店の奥へ・・・

そうしたらねえ、これがスゴイのよ。

ちょいと仰々しいほどの機械が置いてあって

「ハイ、そこに座って。そこにアゴを乗せて。あーして、こーして」っと。

失礼ながらこんなにキチンと調べるなんて思っていなかったのでね。

思いがけずに楽しんでしまった私・・・(笑)

いや~、もうこうなったら フレームが赤とかミドリの派手派手にやつにしてやるからねっ

などと急にやる気になったものの

その店にあったのはもっとベーシック・・・(苦笑)

結局、目立たず無難な色と形のにしました(残念)

落としたって大丈夫そうなハードケースに入れてくださったのですが

店の名前 ・ 住所 ・ 電話番号 入り ・・・・・

いくらなんでも、これじゃあ私が可哀相すぎる・・・と思い、手持ちの糸で編み始めましたよ。

いやでもね、このケースを作るときにメガネをかけてみたんですがね

これがまあ、よく見えることよ!

今までこんなにも見えなかったんだ~っ っとかけたり外してみたり・・・(笑)

*****          *****           *****

しっかし、あれですねえ。

「私もついに老眼鏡かあ~・・・」っと、今までには味わったことのない感情がよぎりましたね。

複雑な気分です~・・・

老眼鏡ところで、老眼鏡って差別用語なんですってね?

英語では Reading glasses (読書用メガネ)です。

日本語だと読んで字のごとくでわかりやすいけど、確かにストレートすぎるよね(苦笑)

この名前が、気分を複雑にしている一因とも言えるような・・・・

お宅の冷凍庫にも、ぜひ

冷凍庫に入れておくと、ちょこっとしたときにこりゃ便利!というのは・・・

パプリカ

赤パプリカです。

ちょっと手を加えてあるのですが、作り方は

丸のままガスコンロの直火で全面が真っ黒になるまで焼きます。

それをビニール袋にいれて口をしばり、5~10分そのまま置きます。

その後周りの黒く焦げた部分を取り除くと写真のような状態になります。

この時、決して水で洗ってはダメですよ!

私は、ビニール袋に入れたまま直接手を付けずに外側から剥いています。

これが何故便利なのか・・・ っといいますと

このままジップロックにいれて冷凍できるのです。

ちょっとした炒め物にも加えられますしグリーンだけで寂しいサラダにも。

皮を焦がして焼いているので、BBQのようななんとも良い香りがして

生のまま調理するのとはまた違った風味があります。

今日は、今すぐに何かが食べたいとうるさい旦那に

チキン サンドウィッチを作りましたよ。

チキンサンド

 

鶏の胸肉を薄切りにし、玉ねぎくし切り ・ にんにく ・ 塩 ・ こしょう

コリアンダー パウダー ・ クミン パウダー ・ オリーブオイル

と一緒によく揉み、十分に熱したフライパンで一気に焼きます。

そこへ食べやすい大きさに切ったパプリカをいれ混ぜたら出来上がり~。

上にかかっている白いものは、ヨーグルトとウスターソースを混ぜたもの。

ジェイミー オリバーのアイデアです。

そういえば、ジェイミーは今度30分ミールに続き 15分ミールの番組を作りましたね。

いろんな手抜き(失礼!)アイデアがいっぱいでとっても参考になります。

このパプリカをミキサーにかけてピューレ状にしたものをホワイトソースに加えると

ちょっと変わったパスタソースにもなりますよ。

是非お試しを!

ブラっと散策

コロンボは海岸に沿った町なのですが

実際に散策ができる海岸線というのはあまりないようです。

その、ブラっと散策ができるところへ行ってみました。

海岸線

海岸線

久々の海を「じっ」っと見つめるアシュ。

海岸線海岸線

アイスクリーム屋さんと噛みタバコ売り(多分)のおっちゃん

海岸線

地元のおっちゃん。粋なスタイル。

海岸線

飲み物やスナックなどを売っている屋台もちらほら・・・

海岸線海岸線

う~ん、どうでしょうかねえ。まだ試してません。

海岸線

こんな物もありましたよ。

パイナップル・グリーンマンゴー・オリーブなどに

乾燥唐辛子と塩、その他にナゾの粉末をかけてあります。

これは試しましたよ。

そのまんまの味です(笑)

タイでも果物に唐辛子をつけて食べますね。

塩ではなく砂糖がつきますが。

・・・            ・・・             ・・・

風が強く波がたかく、「う~ん、潮風はいいねえ・・・」なあんて言ってられないほど

砂が飛んできては顔にあたり、髪の毛はぐっちゃぐちゃになりましたが

やっぱり海っていいですよね。

ヨルダンといったら??

そこいらをちょろりと歩いていても

私の心を動かす物があふれていたモロッコに比べ

ここヨルダンは・・・    ない。

でもせっかくだし、何か記念になる物がないかなあ~っと思いながら狙っていたのはカーペット。

ここでよく見られるのは、赤・青・緑(いずれも渋い色)のストライプもの。

好きな配色だし、まあ無難なのでいつか程度のいいものが見つかったら買おうかなっと思ってました。

そしたら、同じストライプでもちとお洒落なのを見つけてしまったのだ。

ラグ

 うちの近くにある「Jordan River Foundation」というところで見つけました。

ここはラグ・カーペットをはじめ、 ベッドカバー等のリネン類・籠・石鹸など

ヨルダンの工芸品をおいています。

このラグはなんといっても厚みがあって気持ちがよく、

大きさもよかったのでおとーさんにお願いして購入♪

そしたらね、こんな袋にいれてくれましたよ。

袋

 さてさて、袋といえば・・・

先日染めた「アラビアンナイト」の糸がたくさんあったので

少し大きめでしっかりしたショッピングバッグを作りました。

ブルーバッグ

裏地を付けたほうが使いやすいな、っと思っていたら

なんとラグを買った時に入れてくれた上の袋↑がピッタリ!

本当に、測ったようにピッタリなのよ!

なので迷わずチクチクチク・・・

袋

ポケット付き♪

しかし。

丈夫にしようと糸を2本どりにして編んだら、何も入れてなくても何気にずっしりと重い(苦笑)

が、せっかく作ったんだから、無理してでも使おう(笑)

Olive Green Summer Bag!

一度しか使われずに 泣く泣くほどいたアラビアンナイトのバッグ。

やっぱり 残念だったので、またバッグを作りましたよ!

グリーンバッグ

 あまりにデロンとしてかっこ悪かったので裏地もつけました。

グリーンバッグ

こちらは、 だんだんと暑くなってきましたよ。

昨日は一日中砂が舞ってました。

おかげで家中ざ~らざら。

砂、といえば。

先日洗濯物を干していたら、こんなトラックが見えました。

トラック

しばらく見ていたら、うちの並びの路地へ入ってしまったので

一体この砂を何に使ったのかはわかりませんが

ちょっと考えちゃいましたよ。

この砂はどういうルートで来るんだろう????

砂なんて、それこそいくらでもあるけれど、

トラックに積むにはデイガーとか必要だし、

ということは、こういうことでお金を取っている会社?があるってこと?

でも砂ってもともとタダじゃないの?

というか、勝手に使っていいの?

・・・等々、どうでもいいことが頭をよぎりました(汗・失礼!)

昨晩から雷雨がくるくるといいながら、一向に来る気配はなし。

一雨降ってスッキリしたいところです。