パラタ Paratha

パラタ

さて、なんでしょう?

パラタとは、インドやパキスタンで食べられているパンの名前です。ナンやチャパティはよく耳にしますが、パラタは知りませんでした。

同じコンパウンドにお住まいのパキスタンの女性からこのパラタの作り方を教えてもらえる機会があったので行ってみました。

wp-1466102810757.jpegこれが、パラタです。

教えていただいた方のお宅では、朝食に食べることが多いそうです。

パラタはイーストの入っていない生地で粉,水、塩と至ってシンプルなパンです。そしてフライパンで焼きます。作り方を紹介しますね。

まずボールに粉を入れます。(私はいつも普通の粉を200グラムに全粒粉を100グラムで作っています。勿論全て普通の粉でもいいですよ)そこへ塩をひとつまみと水を180〜200mlほど加えて混ぜ,捏ねます。5分ほど捏ねてなめらかになれば出来上がり。パンのように真剣に捏ねなくていいです!ボールに戻して乾かないようにラップ等をし,30分ほど寝かします。

寝かした物を一握り程度ちぎって丸めます。先日計ってみたら80グラムほどでした。丸めた物を麺棒で薄く伸ばしていきます。出来るだけ薄く!くっつくようでしたら打ち粉をしてくださいね。伸ばした生地の上にサラダ油を少量たらし生地全体にのばします。

wp-1466103276877.jpeg写真は油を塗った状態です。

これを折りたたんでいきます。

wp-1466105379476.jpegwp-1466105458120.jpegwp-1466105530171.jpegwp-1466105598223.jpeg写真の要領で折りたたんでいき,これを更に縦に横にと伸ばします。

wp-1466105782940.jpegなるべく薄くなるように伸ばしたら生地は完成です。それでは焼きます!

wp-1466105915862.jpegしっかりと熱く熱したフライパンに油をしき中火で焼いていきます。この時あまり油をケチらないように!綺麗な焼き色が付かずに焦げてしまいます。すぐに生地がプクっと膨らんできます。30秒くらいたったら裏返して焼きます。油が足りないようでしたら足してくださいね。何度か引っ切り替えしながら焼き色が付くまで焼いてください。

wp-1466106285786.jpeg写真のように膨らんで良い色が付いたら出来上がりです〜!ね,簡単でしょ?

wp-1466106452572.jpeg油を塗って折りたたんだ事で、このような層が出来るのです。

教えて頂いた時は、玉ねぎ、青唐辛子、トマトなどをみじん切りにして卵に加えて作った薄焼きのオムレツと一緒に頂きました。朝食だったのでね。パラタの上にオムレツを乗せてクルクルと巻きそのままガブリと豪快に頂きました。笑  ジャムやハチミツ、クリームチーズなどと食べても美味しいです!

この生地は、冷蔵庫で数日間保存が可能です。タッパーなどに入れておけば、食べたい時にすぐ出来ますよ!とっても便利です。

wp-1466107041466.jpeg焼きたては最高に美味しいですよ!

是非お試しくださいませ!

広告

ひよこ豆のお豆腐

ひよこ豆を使って作るお豆腐、というのを友達が教えてくれました。
いろいろと面倒なプロセスがきっとあるんだろうな…..
っと思っていたら、あれまぁ!
めっちゃ簡単?!

早速作ってみました。

image

実はコレ、2回目のチャレンジなんですよね。
初回のは水を加え過ぎて形になりませんでした(汗)

では、早速作り方を。

材料は、乾燥ひよこ豆と水のみです!

image

まず乾燥した豆の量を測っておきます。
豆は一晩水につけておきます。

image

水をきった豆をミキサーに入れ、乾燥した状態で測った量の2倍の新しい水を加え撹拌します。
豆乳の出来上がり!
それをさらし等で濾していきます。

image

ぎゅーぎゅーと力を入れて搾ります。

image

搾った豆乳を鍋に入れ火にかけます。
中火で、絶えず鍋底からかき混ぜながら火を入れます。

image

少しすると固まり始めます。
写真のようなカスタードクリーム状になると、かなりしっかりとした固さに出来上がります。
ホロリと柔らかいのがお好みでしたら、この時点で水を加えて調整可能だそうです。なので、最初に加える水は控えめにしておきます。

image

しっかりと火が入りとろみがついたら、タッパーなどに入れて冷蔵庫で冷やしたら出来上がり〜!

どうですか?
簡単でしょう?
ひよこ豆だけで、出来ちゃうんですよ!スゴイでしょう!?

今回私は、250gの乾燥ひよこ豆を使ったのですが
「おから」が結構出たので、これを何かに出来ないか…..っと探していたら、「ひよこ豆のおからクッキー」っというのがあったので作ってみました。

image

ココアを入れた、歯ごたえバッチリのクッキーです!
ひよこ豆を無駄なく丸々使えて満足(笑)!

まだ冷や奴のようにしか食していませんが、このくらいしっかりしていたら汁物に入れても大丈夫かも?!

とにかく、手軽に作れてとっても安上がり!(スリランカでは)
K子さん、レシピを伝授してくれて、どうもありがとう〜!

image

ちなみにこちらが水を加えすぎの結果。
ま、味は一緒だからこうなってもオーケー、オーケー(笑)!
作ってみてね。

朝ごはん

先日行った、ウナワトゥナで泊まったゲストハウスの朝ごはんの話しを少ししますね。

旦那がたまたま見つけたお手頃なこのゲストハウスは、オーストラリアとイギリス人男性2人による経営で、まだオープンしてそれほど経っていないこざっぱりとした宿でした。
オーストラリア人の方は、ホテルコンサルタントをしていたらしく、ちょこちょこっとしたアイデアも面白かったです。
ソフトドリンクやアルコール等の冷蔵庫に入っている飲み物は、お客様を信用して全て自己申告制。冷蔵庫の横にノートが置いてあって、自分たちで記入します。
その名も 「Honesty Bar」

それから、食べ物は朝ごはんのみのサーブ。ランチとかディナーは無し。その代わり、朝8時以降だったら何時でもOK。
夜遊び過ぎて起きたら昼過ぎ!!
なぁんて時でも大丈夫。作ってもらえます。
そんな、朝ごはんのみのサービスなので、質とバラエティにはこだわっているそう。

私たちの第一日目は

image

スリランカの朝ごはんでした。
手前から、スリランカ風オムレツ、レンズ豆のダールにココナッツ サンバル(削ったココナッツにチリ、玉ねぎ、塩などを加えた物。カレーやご飯に混ぜて食べます)、その右上のはお米の粉で作った麺のようなもの。これにダールとココナッツ サンバルを混ぜて食べます。

image

後はこのスリランカ風クレープ(キトゥル蜜とココナッツを混ぜた物が入ってます)にフレッシュジュース付き。
この日は、スリランカ人のオッチャンが楽しそうに作ってました。

二日目は、わりと普通にベーコン&エッグにトースト。
又はパンケーキのいずれか。
アシュリは決めかねていたら、パンケーキとベーコンという贅沢なひいきを受けてました。

三日目は、卵とほうれん草のパイ 又はフレンチトースト。

image

image

ここでもアシュリは、フレンチトーストにパイ一個付きという甘やかされ方!
珍しかったのが、コレ。

image

ワダラマという花を煮出したお茶。煮出した後にお砂糖少しとライムジュースを加えるそうです。
この花は売っていることはないので、自分で育てるか探すしかないそうです。爽やかで美味しかったですよ!

三日目はイギリス人の方が作ってました。彼がここのメインシェフだそうで、これが彼のキッチン!

image

野外キッチン。
現実的ではありませんが、憧れます!

イギリス人の彼、実はお母さんがスリランカ人だとか!全くのヨーロッパ人にしか見えなかったのでビックリ。しかも実家は、今私が住んでいるすぐそば。地元の話で盛り上がりました(笑)

このゲストハウスに2~3日前に来たばかりだという、新メンバー。

image

まだ手のひらサイズのウサギさん。
アシュリが欲しがったのは、言うまでもありません。

こんなに近いから、週末にちょこっと行くか! ってのもアリですね。

ジャックフルーツ

引っ越してきた家もだんだんと落ち着いてきました。

実は、上の階に主人の同僚家族が住んでいて、そこの奥さんから「HELP!」の呼び出しがあったので飛んで行ってみると、そこには大きなジャックフルーツが…

その日彼女は買い出しに行き、買う予定ではなかったその大きなジャックフルーツを、あまりの安さにつられて買ってしまったんだそう。
彼女には、まだ幼い子供が2人いて、その日の買い出しの下準備やらなんやらで、ジャックフルーツまで手が回らない事に気付き、私にSOSを出してきた、という訳ですね。

彼女曰く、
「このジャックフルーツをむいてくれたら、半分差し上げます〜!」

まあさ、正直言うと、私はあんまり好きではないんですよね(汗)
家の男どもは好きだけど…
でもま、いいか、手伝おうではありませんか!

なんてったって初めてなもんで、手順を教わり
家に持ち帰り地味な作業が始まりました。

image

これはね、ほんの一部よ。
実際にはラグビーボールくらいの大きさなんだから!

image

まわりの白っぽい部分と種を取っていくんだけど、これがものすごーくベタベタで、しかもヌルヌル。
間違っても楽しい作業ではありません。

image

こーゆー状態にします。
こうしておけばすぐに食べられるし、冷凍保存もOKだそうです。

スリランカでは、ジャックフルーツがまだ熟しきる前にカレーにして食べる事が多いようです。
上の奥さんはベトナムの方なので、このようにフルーツとしてこのまま食べるんですね。

今回彼女から教わった豆知識はですね、ジャックフルーツのベタベタは水では簡単に取れないので、手を水に付ける前に生のお米でこすり取ると良いんだそうです。実際にやってるみましたらね、あら、本当に取れましたよ~!生活の知恵ですねぇ!
何でもやってみるもんですねぇ。
でも、もういいかな(苦笑)

ま、皆さまもジャックフルーツを相手にする機会がありましたら、是非お米で試してみて下さいね。

素材を生かす

だしやストックなどを使わずに、白菜の持ち味を活かしたスープ

というレシピを見つけたので作ってみました。

DSCN6304白菜を油で炒めてから水を加え煮て、

ブレンダーにかけてスープ状にしたら出来上がり。

味付けは塩のみ。

このレシピを見つけてすぐに友達に送ってみたところ

数時間後にはすでに試食済みの報告がきて(笑)

美味しいけれど、いまひとつ何かが足りない感じ・・・・

ということだったので、

私は炒めるときにニンニクを加えてみましたよ。

DSCN6306レシピでは、最後に中華麺を加えてラーメンにする とありましたが

うちに麺がなかったので、ご飯を入れて雑炊風にしてみました。

DSCN6313最後にタマゴと乾燥わかめもパラリと・・・

白菜だけでこんなに味が出るんですね~!

シンプルでありながら、新l鮮な味わいでした。

スリランカで白菜が手に入るの???

っと思われたかもしれませんね。

あるんですよ~。

ほぼ年中売ってます~。

きちんとしたレシピは http://www.mylohas.net/blog8/2012/11/026425post_1502.html

粉ミルクを考えなおす

粉ミルク

と言っても、赤ちゃんの飲むそれではありません。

粉乳とも呼びますか。

生乳の水分をほとんど除去して、粉末に加工した食品、とあります。

要するに、これに水を加えると牛乳になるというわけですね。

実はこの粉ミルク、乳製品に乏しいスリランカでは大活躍なんですよ。

ミルクティーにはかかせません。

スーパーに牛乳は置いてなくても、粉ミルクは絶対に(何種類も)置いてあります。

ただ私、なんとなく抵抗があって使ったことがなかったんですよね。

うちも朝は絶対にミルクティー派なのですが

使おうと思っていた牛乳が傷んでダメになっていた・・・ ということが度重なり

思い切って粉ミルクを使ってみることにしたんです。

そしたらまあ、なんの抵抗もなく・・・・

まあ、「牛乳」としてボトルに入って冷蔵庫で保存・販売されているものも

粉ミルクを溶いた物・・・・という話もあるので、言ってみれば同じ物、なのかもしれませんが。

で、そこから話は一気に私の好きな

ヘストン(イギリス人シェフ・Heston Blumenthal)に飛ぶのですが

彼が、究極に美味しいチキンストックの作り方、として

材料に粉ミルクを使っていたんですよね。

大抵チキンストックって、鶏がらなどを使って作りますが

これに粉ミルクのたんぱく質を加えることで、さらにコクが出て美味しいストックがとれる、

ということなんですね~。

粉ミルクなら、あるある! ってわけで、早速作ってみました。

DSCN5750このときは、鶏を一羽で買ってきて

手羽先は使わなかったので一緒にストックへ入れました。

玉ねぎ・にんじん・にんにく とともに、オーブンへ入れられる鍋に入れ

粉ミルクとオリーブオイル少々を加えてオーブンへ。

焦げ付く直前に取り出します。

DSCN5763オーブンから出したら水とローリエを加え、煮込んでいきます。

味付けは料理の時にすればいいですね。

実はこのとき、思いつきでやったので

ヘストンのレシピ通りではありませんでした~。

きちんとしたレシピは こちら です。

彼はなんと、手羽先を2kg用意しろと言ってますね。

でもこんな感じでも十分にできますよ。

肝心なお味の方はといいますと、

いつも適当に作っていたので、適当な味のストックしかできませでしたが(苦笑)

こうするだけでもかなりしっかりとした味のストックになります。

ストックって、ちょこっとあると便利なので(わざわざ作るのは面倒だけど)

時間のある時に作って冷凍庫へ入れておきましょう~。

これをきっかけにして、粉ミルクを使うレシピというのを探してみたら

結構あるんですね~。

パスタを急にクリームっぽくしたくなったり

コクを出したいときに少し入れてみたりと

ちょこっと使いにも便利です。

ってなわけで、粉ミルクを少し見直している最近であります。

Rösti

うちの旦那はじゃがいも命のイギリス人なので、

じゃがいも料理は 朝 ・ 昼 ・ 晩 といつでもOKなのですが

特にお気に入りの朝食メニューが Rösti です。

これ、日本だとハッシュド ・ ポテト といいますかね。

DSCN5446以前、友達に借りた料理本に載っていて

以後、何度作ったかわからないほどのお気に入りです。

作り方

じゃがいもの皮をむきます。

そして、水にはつけません!  これがポイントです。

料理本によりますと、この後じゃがいもを千切りにする、とありましたが

私はもっと簡単に、チーズおろし器を使って一気に千切っていきます。

DSCN5450コレで一気に ガリガリと。

ここでも水にさらしてはダメですよ。

話はそれますが、この方法でにんじんを千切るのも早くて便利です。

サラダに入れるにんじんだと、切り口がざらざらしているので

ドレッシングなどがからみやすくもなって一石二鳥。

DSCN5573フライパンを熱し、バターを溶かし油も加えます。

そこへおろしたじゃがいもを入れ、薄くのばすようにしつつフライパンに押し付けていきます。

塩 ・ コショウをして両面をこんがりと焼きます。

生のじゃがいもですが、

薄くのばして焼くので、それほど時間はかかりませんよ。

以上!

水につけないのは、でんぷん質を残すことで糊の役目をして

千切りのじゃがいもをひとまとめすることができるのです。

Rösti  これはうちの旦那がそう呼んでいるのですが

調べてみたらスイスでこう呼んでいるのですね。

なぜうちの旦那がそう呼んでいるのわかりませんが ・・・

ちなみに英語ではハッシュド ・ ポテトとは言わず

ハッシュ ・ ブラウン (Hash Brown)というようです。

思った以上に美味しい料理法ですよ。

作ってみてね。