パラタ Paratha

パラタ

さて、なんでしょう?

パラタとは、インドやパキスタンで食べられているパンの名前です。ナンやチャパティはよく耳にしますが、パラタは知りませんでした。

同じコンパウンドにお住まいのパキスタンの女性からこのパラタの作り方を教えてもらえる機会があったので行ってみました。

wp-1466102810757.jpegこれが、パラタです。

教えていただいた方のお宅では、朝食に食べることが多いそうです。

パラタはイーストの入っていない生地で粉,水、塩と至ってシンプルなパンです。そしてフライパンで焼きます。作り方を紹介しますね。

まずボールに粉を入れます。(私はいつも普通の粉を200グラムに全粒粉を100グラムで作っています。勿論全て普通の粉でもいいですよ)そこへ塩をひとつまみと水を180〜200mlほど加えて混ぜ,捏ねます。5分ほど捏ねてなめらかになれば出来上がり。パンのように真剣に捏ねなくていいです!ボールに戻して乾かないようにラップ等をし,30分ほど寝かします。

寝かした物を一握り程度ちぎって丸めます。先日計ってみたら80グラムほどでした。丸めた物を麺棒で薄く伸ばしていきます。出来るだけ薄く!くっつくようでしたら打ち粉をしてくださいね。伸ばした生地の上にサラダ油を少量たらし生地全体にのばします。

wp-1466103276877.jpeg写真は油を塗った状態です。

これを折りたたんでいきます。

wp-1466105379476.jpegwp-1466105458120.jpegwp-1466105530171.jpegwp-1466105598223.jpeg写真の要領で折りたたんでいき,これを更に縦に横にと伸ばします。

wp-1466105782940.jpegなるべく薄くなるように伸ばしたら生地は完成です。それでは焼きます!

wp-1466105915862.jpegしっかりと熱く熱したフライパンに油をしき中火で焼いていきます。この時あまり油をケチらないように!綺麗な焼き色が付かずに焦げてしまいます。すぐに生地がプクっと膨らんできます。30秒くらいたったら裏返して焼きます。油が足りないようでしたら足してくださいね。何度か引っ切り替えしながら焼き色が付くまで焼いてください。

wp-1466106285786.jpeg写真のように膨らんで良い色が付いたら出来上がりです〜!ね,簡単でしょ?

wp-1466106452572.jpeg油を塗って折りたたんだ事で、このような層が出来るのです。

教えて頂いた時は、玉ねぎ、青唐辛子、トマトなどをみじん切りにして卵に加えて作った薄焼きのオムレツと一緒に頂きました。朝食だったのでね。パラタの上にオムレツを乗せてクルクルと巻きそのままガブリと豪快に頂きました。笑  ジャムやハチミツ、クリームチーズなどと食べても美味しいです!

この生地は、冷蔵庫で数日間保存が可能です。タッパーなどに入れておけば、食べたい時にすぐ出来ますよ!とっても便利です。

wp-1466107041466.jpeg焼きたては最高に美味しいですよ!

是非お試しくださいませ!

パン作り、真面目に復活

ささっ、それではフードブロガーのスタートです。笑

今の住まいで良かったなあっとおもうことは、キッチンが使いやすいということ。コンロもオーブンも全て電気なので、20年以上愛用の中華鍋は残念ながら使えませんが非常に大きいオーブンには大感激です。温度調整もデジタルなのでキッチリしてるし。今までのダイアル式、しかもかなりアバウトでガスが残り少なくなると火加減が変わってしまう世話の焼けるオーブンとは大違い!最先端を行く超モダンなオーブンというわけではありませんが、私にとっては今までで一番優秀です。

さて、こんなに立派なオーブンあるならば、早速焼いてみたいじゃあないですか?ビザを待つ半年間の反動もあり、この4ヶ月間一気にいろんなものを焼いていましたよ。

ここへ来て、今一番ハマっているのが、デイニッシュ・ペイストリーです。作り方は基本的にクロワッサンと同じで、生地を作りバターを折り込んでから一晩冷蔵発酵させ、翌日に形成して焼き上げるというものです。写真は一晩経ったものです。層になっているのが見えますか〜?

こんなに膨らんじゃって大丈夫?って感じですよね。笑

wp-1465926745081.jpegこれを優しく、しかし早急に伸ばしていきます。

今回は暇だし実験的に三種類のデイニッシュを作ってみました。

まずはシナモンロールならぬ、カルダモンロール。最近ハマっている物の一つがこのカルダモンをパウダー状にしたもので、これはアーモンドと非常に相性が良いので今回はアーモンドクリーム(フランジパン)を塗った上にカルダモンと砕いたピスタチオを散らしてみました。これをクルクルとロール状に巻いていって切り分けていきます。

 

wp-1465927553741.jpeg他の二種類はというと、同じくアーモンドクリームを生地の上に乗せて、更にジャムを乗せたものと、クロワッサン型で中にチョコレートを入れたものです。

wp-1465928407377.jpeg発酵終了なので上にジャムを乗せて溶き卵を塗ったらオーブンへGO!

wp-1465928478449.jpegまだほんのりと温かいところに粉砂糖をかけてしまったので溶けて汚くなってしまっていますが、なんとか三種類のデイニッシュの出来上がり〜!

これの良い所は、形成後に冷凍保存が可能なんですね。冷凍したものは、食べる前の日の晩にに冷蔵庫へいれておき、あとは自然解凍をしつつ発酵をさせればOK。時間と手間はかかりますが、焼きたてを食べればきっとこの苦労は報われるはず!笑

wp-1465929178846.jpegほ〜ら、あなたも食べたくなってきましたねぇ??笑

みんな、近くにいたらお茶にお誘いするんですけどね。残念です…💧

 

気がつきゃ一年…

ず〜っとほったらかしにされていたこのブログ。

気がつきゃ一年以上が経っておりました。

考えてみれば、何気にドラマティックな一年だったなぁ〜っと。

慣れ親しんだ三年間のスリランカにさようならをして、次なるチャレンジの地サウジアラビアへ入るべくビザを待つこと半年間。このままサウジ入りはあり得ないのでは??っと諦めかけた頃にやっとビザがおり、書類書類で頭がぐっちゃぐちゃになりながらも最後の一息と活を入れやっと、やっと!日本出国!!っと思った2日前に予約していたエアチケットの最終目的地が違うということに気づき(汗)慌てて乗継便を追加し、バッタバタの状態で何とかここサウジにたどり着いたという次第です。人間って、精神的にハイな状態になると割りといろんなことが出来ちゃうもんなんですね。ってことは、いつもあのハイ状態であれば、くっだらないことをゴチャゴチャと考えずに楽しい人生を送れるんじゃないか?などと思ったりして。あ、でもこのアイデアはちとヤバイ方向へ行ってしまうので注意、注意!笑

ここサウジへ来て、4ヶ月が過ぎました。

今回の住まいはコンパウンドという豪華な特権付き。笑 このコンパウンドというのがなんというか不思議なところなんですね。サウジは宗教や国籍に関係なく、この国に住む女性は外出時にはアバヤという肌を隠し体の線を出さない黒い服を着なくてはならないのですが、コンパウンド内では必要ありません。コンパウンド内には小さなスーパーやジム、プールに至っては数え切れないほどあります。小さな街のような…わかりやすく言うと、郊外にある集合住宅街のような感じですね。コンパウンドはセキュリティが非常に厳しく、基本ここに住んでいる人しか入れません。コンパウンド内を走っている車も基本的には住んでいる人の車なので渋滞などありません。なので、いつもとっても静かなんですね。よ〜く考えると、とっても奇妙ですよ。

wp-1465672814263.jpeg

コンパウンドでのアクティビティはいろいろとありますが、今のところ何にも入っていいないので普段は暇な日々が続いています。まあ考えてみれば、この11年間はスリランカでのちょこっと忙しかった日々を除けば基本暇なのが普通だったので、また元に戻っただけなわけですが…

ってなわけで、ブログを再開したけれど思いっきりボチボチな更新になるに違いありません。

サウジという土地柄、写真を撮ることもなかなか難しいということもあり、おそらくあまり外の様子をお伝えすることもあまりないかと思います。

が、ちょこちょこと日々を綴っていきたいと思っておりますので、またどうぞ宜しくお願い致します!

ホットク

相変わらずパン作りの日々が続いていますが、今日はちょっと違ったパンの話しです。

先日友達の家に遊びに行った時に出して頂いた韓国の「ホットク」というパン。

image

私はこの時までホットクの存在すら知りませんでしたが、屋台料理として有名なんだそうです。

頂いた時は黒砂糖とシナモンパウダーが入っていました。黒砂糖が焼いた熱で溶けて、シロップの様になって美味しかったのです。

子供とダンナのリクエストがあったので、作ってみる事に。
 
これ、イーストが入っているのでパンなんですね。

image

生地作りは至って簡単で、粉、イースト、塩、砂糖を合わせた中に水を加えて混ぜるだけ。
発酵したら個数分に切り分け、中に具を入れてフライパンで焼きます。 

今回はブラウンシュガーにシナモンパウダーとクルミ、アーモンドを加えてみました。

image

閉じ目の方からまず焼きます。
色が付いたらひっくり返して、フライ返しなどでギューッと押し付けます。お焼きの要領ですね。

両面にいい感じで色が付いたら出来上がり〜。

image

なんと簡単!
食べたい時にササッと出来るのもナイス。

中身は何でも良いですよね。

アンコを入れてもいいし、肉まんの具みたいな甘くない物でもいいと思います。生地自体は甘くないので。
ただ生ものは火が通りにくいので、あらかじめ調理しておいた方が無難だと思われます。 

おやつにもご飯にも(!?)幅広く活躍しそうなホットク。 
是非お試しを!

相変わらず、粉の消費が多い我が家で〜す。 笑

復活 パン作り

同じアパートに越してきた友人と、最近パン作りにハマっています。

去年の夏頃、知り合いからパン焼き器を譲って頂いたのですが、捏ねの過程をその機械にやってもらって(それがいちばん大変だもんネぇ~)色んな種類のパンに挑戦中。 

image

image

image

image

「今、くるみパンが出来上がったから、味見して〜!」 
「今日初挑戦のフランスパンもどき、食べて感想聞かせて〜!」と、あーだこーだやりあっています。笑

暇つぶしに一人で焼いていた時も、それはそれで良かったのですが、一緒に共感しあえる存在があるって、こんなにも楽しいコトなんですね〜!

Y さん、ありがとうございます!
これからも、ドンドンといろんな物にチャレンジしていきましょうね!
 
それにしても、パン作り。
やっぱり、生地が発酵してる時がいちばん好きだな~。
なんともいえず、カワイイ。

image

今年も宜しくお願い致します!

ワサワサしているうちに、年が明けてしまいました。

去年は、とあるボランティア活動に参加していて、それがまた予想外にやる事が多く、バタバタしてたらあっという間に一年が過ぎていたという感じでした。
忙しい割には、取り立ててここに書くような事もなく..
それよりも、「やらなければいけない事」のような、ここ10年くらい忘れかけていた責任という言葉が復活し、なんだかそれでいっぱいいっぱいになっておりました。苦笑
人間、やはりこういった緊張感はたまに持たないとダメですねぇ。
そう言った意味でも、良い経験だったと思います。

さて、年が明け、日本のようなお正月気分などまるで無いスリランカですが、実は別の事でザワザワしておりました。
大統領選挙があったのです。
何かがあると、すぐに交通規制がかかり外出禁止令なども出てしまうここ。ま、行くところもないので家に篭もっておりました。

そこで退屈しのぎに、クリスマスに焼こうと思ってた「ミンツパイ Mince Pie」を作りました。

image

イギリスではクリスマスの時期になると必ずと出てくるお菓子です。

image

元々は、挽き肉(ミンツ又はミンチ)をドライフルーツやスパイスと混ぜて作ったらしいのですが、現在ではドライフルーツやナッツ類、スパイスをsuetと言う牛やマトンの脂肪とともに煮た物が入っています。私は、瓶詰めの物を利用し、リンゴとレーズンを更に足してみました。

image

私にしてみれば、普通のお菓子ですが、旦那にとっては「クリスマス〜!」って気分になるようです。笑
食べ物って、思い出も一緒に記憶しますものね。面白いです。

今年は、もっと頻繁に更新できるかな?!怠け癖がついちゃってますが..

2015年がみなさまにとって良い年となりますように!
今年も宜しくお願い致します!

ご無沙汰しております

またずーっと、サボっておりました。
なんやかんやと忙しい?
いやいや、怠けているだけです。

が特に書くこともなく…..
丁度写真があるので、最近のスリランカのお天気なぞ…..

image

こんなに穏やかな日、海の色もスッキリ。海を眺めながら、一日ぼーっとしててもいいワ、な~んて感じでしょ。

それが、数時間後には急に雲行きが怪しくなり..

image

真っ黒な雲がモクモクとやって来ては、とてつもない稲光と共にバケツをひっくり返した様な雨を降らせます。

こんなのがここ数日続いているコロンボです。

季節の変わり目なんでしょうか。
トロピカルなんですね〜。

トロピカルついでに、こんな物も。

image

image

パッションフルーツとジャックフルーツです。
パッションフルーツは、明日の朝のスムージー用に買ってきました。

みなさま、楽しい週末を〜!