朝ごはん

先日行った、ウナワトゥナで泊まったゲストハウスの朝ごはんの話しを少ししますね。

旦那がたまたま見つけたお手頃なこのゲストハウスは、オーストラリアとイギリス人男性2人による経営で、まだオープンしてそれほど経っていないこざっぱりとした宿でした。
オーストラリア人の方は、ホテルコンサルタントをしていたらしく、ちょこちょこっとしたアイデアも面白かったです。
ソフトドリンクやアルコール等の冷蔵庫に入っている飲み物は、お客様を信用して全て自己申告制。冷蔵庫の横にノートが置いてあって、自分たちで記入します。
その名も 「Honesty Bar」

それから、食べ物は朝ごはんのみのサーブ。ランチとかディナーは無し。その代わり、朝8時以降だったら何時でもOK。
夜遊び過ぎて起きたら昼過ぎ!!
なぁんて時でも大丈夫。作ってもらえます。
そんな、朝ごはんのみのサービスなので、質とバラエティにはこだわっているそう。

私たちの第一日目は

image

スリランカの朝ごはんでした。
手前から、スリランカ風オムレツ、レンズ豆のダールにココナッツ サンバル(削ったココナッツにチリ、玉ねぎ、塩などを加えた物。カレーやご飯に混ぜて食べます)、その右上のはお米の粉で作った麺のようなもの。これにダールとココナッツ サンバルを混ぜて食べます。

image

後はこのスリランカ風クレープ(キトゥル蜜とココナッツを混ぜた物が入ってます)にフレッシュジュース付き。
この日は、スリランカ人のオッチャンが楽しそうに作ってました。

二日目は、わりと普通にベーコン&エッグにトースト。
又はパンケーキのいずれか。
アシュリは決めかねていたら、パンケーキとベーコンという贅沢なひいきを受けてました。

三日目は、卵とほうれん草のパイ 又はフレンチトースト。

image

image

ここでもアシュリは、フレンチトーストにパイ一個付きという甘やかされ方!
珍しかったのが、コレ。

image

ワダラマという花を煮出したお茶。煮出した後にお砂糖少しとライムジュースを加えるそうです。
この花は売っていることはないので、自分で育てるか探すしかないそうです。爽やかで美味しかったですよ!

三日目はイギリス人の方が作ってました。彼がここのメインシェフだそうで、これが彼のキッチン!

image

野外キッチン。
現実的ではありませんが、憧れます!

イギリス人の彼、実はお母さんがスリランカ人だとか!全くのヨーロッパ人にしか見えなかったのでビックリ。しかも実家は、今私が住んでいるすぐそば。地元の話で盛り上がりました(笑)

このゲストハウスに2~3日前に来たばかりだという、新メンバー。

image

まだ手のひらサイズのウサギさん。
アシュリが欲しがったのは、言うまでもありません。

こんなに近いから、週末にちょこっと行くか! ってのもアリですね。

広告

Unawatuna

今年の夏は、旦那の休みが少ないのと、私もちょこちょこと用事があったりするので、近場のビーチへちょろっと行ってきました。

コロンボから最短1時間半ほどで行けてしまう、ウナワトゥナという所です。

今回は、初めて「高速バス」というのを使って行ってみることに。

高速道路を使って行く、エアコン付きのバスです。

家からこのバスのバス乗り場までと、バスを降りてからはトゥクトゥクが必要ですが、それにしても速くて安く行けましたよ。

image

今回はたった3泊なので、ひたすらのんびり〜。

image

途中、隣町にあるゴールという所へ行ってみたり

「ジャングル ビーチ」と呼ばれている、小さな湾へ行ってみました。
この「ジャングル ビーチ」は、
何がジャングルかといいますと
ビーチに辿り着くまでの道のりがジャングルなんですね。

image

image

image

このように進んで行くと

image

ジャジャーン!っと現れます。

観光シーズンの少し手前だったようで、どこも人が少なくてラッキーでした!

帰りは、高速バスがどこから乗れるのかという事と時間も分からなかったので、ゴールまで行って列車で帰ることに。
列車はとにかく混むので、エアコン付きの一等車の切符を購入。

image

エアコン、付いてます!(笑)

image

壁にデザイン模様が入っていたり、木を使って何気に高級感をかもし出しています!

image

でも、こんな感じなんですけどね(苦笑)

image

Free WIFIですと?!
一等車のお世話係りのお兄さんにパスワードを尋ねてみると、
直接教えずに、彼ら自ら打ち始め….
何故だろう?っと覗いてみたら、なんともまぁ、長〜いパスワードだことよ!
コレきっと、一等車以外の人が使えないようにしているんでしょうね。

そのお世話係りのお兄さん達、用事がなくなると、空いている一番後の席に遠慮がちに座っていたのですが、時間が経つに従ってこの有り様!

image

客より偉そうです。
そのうち私用電話はかけ始めるわ、ネットで何かを見始めたりしてうるさいのなんのって!

結局、列車は三時間ほどかかりました。その上バスより倍くらい高い!でもま、列車には列車の良い所がありますからね。良しとしましょう!

スリランカならではの、お手軽ビーチリゾートでした!

image